【職員インタビュー】作業療法士@天本病院回復期リハビリテーション病棟

地域に密着したリハビリを学びたくて

天本病院の回復期リハビリテーション病棟で作業療法士をしている鈴木です。

北里大学で作業療法学を専攻し、2018年に新卒で河北医療財団へ入職しました。この春で3年目を迎えます。

母が看護師をしていたので医療の道へは自然と進みました。就職活動では10か所ほど見学に行きましたが、回復期リハビリテーション病棟があり、地域で複数の事業所のネットワークを持つ天本病院がいちばん自分の希望に近かったんです。インターンを経験した際、リハビリ室だけではなく病室でも生活の一部としてリハビリをしている様子を見て、ここに入ろうと決めました。

自分のやりたいことが尊重される環境

入職すると、先輩のみなさんがとても話しやすくて安心しました。普段から何気ない会話を通じてコミュニケーションが取れているので、困ったときにはすぐに相談できるし、自分の意見も言いやすい。先輩たちがそういう雰囲気づくりをしてくれているんだな、と後から気付きました。

新卒なので、専門職としての業務と同時に社会人としての基礎も学びました。書類の提出期限はきちんと守るとか、報連相はしっかりと行うとか。特に報告や相談については、独断で動くと利用者さんにもリスクがおよぶので、そういう意味でも重要だということを先輩に教えていただきました。患者さんへの接し方や技術的な点でも、1年目はプリセプター制度があるので、一対一で先輩が手取り足取り教えてくれます。項目ごとにチェックリストがあるので、自分でも成長の度合いを確認できてよかったですね。

患者さんの「どうしたいか」という気持ちに寄り添う

天本病院はご高齢の患者さんが多い病院です。骨折や脳血管障がいで入院されている方が、認知症をお持ちのことも多く、自分がなぜリハビリが必要なのか状況の認識が難しいこともあります。作業療法士としてはただADLを向上させればよいのではなく、その方がどういうことをしたいのか、生活への意欲を取り戻すような働きかけを大切にしています。

いくら身体の機能があっても、気持ちが伴わないと人は動きません。患者さんのこれまでの暮らしや習慣を尊重し、共有しながら進めるリハビリでありたい。ご本人に伺うことが難しい時はご家族に相談しながら目標を設定し、計画書に落とし込んでいきます。同じ病棟で働く看護職や介護職の方とのコミュニケーションも活発で、「患者さんがこんなことがしたいって言ってたよ」とか「こうしたらどう?」などと、どんどんアドバイスがもらえるので役立ちます。

入院当初はおむつだった方がひとりでトイレに行けるようになり、退院されるのを見たり。チームで協力しながら患者さんが目標に向かってステップアップしていき、一緒に喜びを分かち合えるのがやりがいですね。

退院後の在宅生活を学ぶ

天本病院では、自分が担当した患者さんの退院後、訪問リハビリでフォローすることができます。私も実際にご自宅に戻られた方への訪問を1か月程行い、病院と自宅での環境の違いや、退院後の生活を見据えたリハビリの重要性などを肌身で学ぶことができました。財団内には病院以外の事業所もあり異動もできるので、今後は在宅分野での経験も積んでいけたらと思っています。

また、プライベートとの両立もできて働きやすい職場です。シフトでは毎月9日間の公休があるのですが、その半分以上が自分の希望を優先してもらえるので予定が立てやすいです。今年も5日間のシンガポール旅行を楽しみました。働き方改革を病棟全体で推進しているので、業務フローの改善の結果、今年から残業時間も大幅に減りました。これからも仕事もプライベートも充実させていきたいです。

【作業療法士を募集中!詳しくはこちら

(2020年3月取材)