文字サイズ変更

h1タイトル

河北総合病院(本院)東館3階病棟・CCU(心疾患集中治療室)


東館3階病棟


CCU(心疾患集中治療室)

病床数

36床(東館3階病棟)、6床(CCU)

部署の特色

 主に循環器内科、心臓血管外科、血管外科の病棟です。循環器内科は心筋梗塞・狭心症・弁膜症・心不全・各種不整脈・下肢動脈疾患の患者さんが多く入院されています。心臓血管外科は弁膜症手術・冠動脈バイパス術・胸腹大動脈瘤を主におこない、血管外科は下肢静脈瘤や急性動脈閉塞などの手術をおこなっています。医療の安全や質向上を目的としたクリニカルパスも導入しています。主に心臓カテーテル検査、末梢動脈カテーテル治療、ペースメーカー挿入(電池交換含む)、アブレーション、急性心筋梗塞治療後の心臓リハビリテーションなどがあります。また、心臓カテーテル検査室も有しており、循環器看護の一環として病棟看護師が心臓カテーテル検査にも携わっています。
 CCUでは、急性心筋梗塞、心不全急性増悪、心臓外科術後などの患者さんが絶えず入院しており、循環器の急性期治療をおこなっています。

部署の雰囲気

 「それぞれが力を出し合い、学びあい、患者さん・ご家族、そして我々も満足できる医療を提供する」を部署目標に、日々看護を提供しています。看護師はみな明るく、循環器看護を学びたいという高い志のもと、積極的に勉強会などを開催しています。また、循環器内科、外科が混在し、心臓カテーテル検査なども多いため、アグレッシブに仕事に取り組んでいます。男性看護師が多いのも特徴です。循環器看護の専門性をさらに高めるため、カテナースの育成にも力をいれています。

メッセージ

 明るく活動的な雰囲気で、お互いに切磋琢磨しながら循環器看護の専門性を身につけることができ、看護専門職としても成長できる職場です。働いてみたいと思った方、まずは見学にお越しください。お会いできるのを楽しみにしております!

 

看護部についてはこちら

看護の提供体制についてはこちら

生きがいと教育・研修についてはこちら

専門看護師・認定看護師についてはこちら

先輩からのメッセージについてはこちら

特定行為研修についてはこちら

採用情報

河北医療財団 杉並エリア 看護部の採用情報はこちら

TOP