文字サイズ変更

h1タイトル

河北総合病院(本院)本館5階病棟

病床数

40床

部署の特色

 主に脳神経外科、神経内科の病棟です。脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血の急性期からリハビリ期までを理学療法士・作業療法士・言語療法士・ソーシャルワーカーなどの他職種と連携し、チームで医療をおこなっています。また、ALSのような神経難病の患者さんも受け入れており、人工呼吸器を装着している患者さんもいることから、高いコミュニケーション能力が求められます。高次脳機能障害の患者さんや認知機能が低下している患者さんも多く、「ユマニチュード」を心がけた看護を展開しています。

部署の雰囲気

 新人からベテラン看護師、外国人看護師、ママさん看護師、ナースマンなど、様々な経験や背景をもったナースたちで構成された部署です。患者さんやご家族と一緒に笑いあり、涙ありの「おもいやり溢れる」職場環境を目指して、日々奮闘しています。一人ひとりが時間管理をするという意識を持ち、オフィシャルとプライベートを分け、生き生きと勤務できるようお互いに協力しあっています。

メッセージ

 新人、中途を問わず、入職後のサポートは必ずマンツーマンでおこなっています。子育てをしながら、時間短縮勤務でキャリアを積んでいくこともできます。自分の働き方を模索している方、脳卒中看護に興味のある方、共に学び、心で感じ、悩みながらも自分で考えて看護実践をしていきたい方、私達と一緒に成長していきませんか。医師、看護師、他職種主催の勉強会も多数おこなっております。

 

看護部についてはこちら

看護の提供体制についてはこちら

生きがいと教育・研修についてはこちら

専門看護師・認定看護師についてはこちら

先輩からのメッセージについてはこちら

特定行為研修についてはこちら

採用情報

河北医療財団 杉並エリア 看護部の採用情報はこちら

TOP