文字サイズ変更

h1タイトル

河北総合病院(本院)ICU(集中治療室)

病床数

6床

部署の特色

ICUは救急外来とあわせ、「河北救急医療センター」として稼働しています。救急外来からの入院のほか、院内の重症患者なども受け入れ、処置や看護ケアを実施しています。主要疾患は呼吸器疾患、循環器疾患、脳血管疾患、消化器疾患術後など、多岐に渡る重症患者さんが入院しています。医師や看護師をはじめ、多職種によるカンファレンスを積極的に実施、患者さんお一人おひとりに適切な医療・看護を提供するために、職種を問わず意見交換をおこなっています。また、人工呼吸器を使用している患者さんが多く入院しているため、ABCDEバンドルに力を入れ、質の高いケアの提供に各チームで取り組んでいます。

部署の雰囲気

急性・重症患者専門看護師の指導の下、全てのスタッフがICUで医療・看護を学びたいという高い志を持ち、日々の業務に臨んでいます。医師・看護師だけでなく、リハビリテーション技師、管理栄養士、臨床工学技士などの多職種と協働し、少しでも多くの患者さんが早期に回復できるよう、チーム一丸となって頑張っています。
看護に対する熱い思いから意見交換が白熱し過ぎることもありますが、休日にはみんなでバーベキューやクリスマス会を開催するなど、スタッフ間の関係は良好です。また、男性看護師の割合が多いため、爽やかかつ、良い意味で男くさい職場となっています。

メッセージ

ICUは2対1の看護基準であることから、看護師の割合が多いため、より安全かつ安心して治療を受けられる環境です。学び合い、称え合い、喜び合いの精神で、職員にとっても働きやすい職場となっております。我々と共に働きたいと思っていただけると、とても嬉しいです。ぜひ、一度見学にお越しください。職員一同、心よりお待ちしております。

 

看護部についてはこちら

看護の提供体制についてはこちら

生きがいと教育・研修についてはこちら

専門看護師・認定看護師についてはこちら

先輩からのメッセージについてはこちら

特定行為研修についてはこちら

採用情報

河北医療財団 杉並エリア 看護部の採用情報はこちら

TOP