社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 河北健診クリニック > ご挨拶

河北健診クリニックご挨拶

このたびの報道について

河北健診クリニックにおける胸部レントゲン画像の異常所見の見落としによる肺がんの適切な治療機会を逸した事案について

 杉並区より区民健診の受託を受けております、社会医療法人 河北医療財団 河北健診クリニックにおきまして、受診された方の肺がんを疑う陰影の見落としが4月18日に確認されました。
 受診された方はその後、脳梗塞を発症され、ご家族のご希望により他院で治療を受けられていたところ、5月下旬に肺がんとの確定診断が下され、誠に遺憾であり、残念ではございますが、治療の甲斐なく6月下旬 ご逝去されました。
 お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族ならびに関係者の皆様に多大なご迷惑とご心労をおかけしておりますこと心から深くお詫び申し上げます。
 今回の調査により、本事案については、健診業務そのものの根幹に係る問題を包含していることが明らかになりましたことから、河北健診クリニックのみならず河北医療財団全体の問題として捉えております。地域医療への貢献を標榜する医療機関として、皆様の信頼を損ねる結果となり、誠に申し訳ありませんでした。深く反省し、財団全体として職員一丸となり再発防止に努めてまいります。

河北健診クリニック院長 岡田 牧

お問い合わせ先

河北健診クリニック 03-5377-2811
月曜~土曜日 ※日・祝除く 受付時間 9:00~17:00