社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > シーダ・ウォーク > スタッフ紹介

シーダ・ウォークスタッフ紹介

スタッフ紹介

吉田 晴彦

施設長 吉田 晴彦

・東京大学卒
・日本内科学会認定内科医
・日本消化器病学会専門医
・日本肝臓学会専門医

ケア部 部長(看護師) 永田 あゆみ

・茨城県立中央看護専門学校(3年課程)卒

医師

老健は、状態の安定した要介護者を対象として、在宅復帰を念頭に置いて介護・看護・リハビリなどのサービスを提供します。
老健における医師の役割は、疾病の診断と治療が主な業務である病院とは異なり、利用者の医学的管理とされています。「状態が安定している」とはいえ、特に高齢者の場合はいろいろな変化が起こりえますから、その場合は医師が診察し、医療機関受診の必要性などを判断することになります。また、老健で働いている種々の職種間の調整という役割もあります。

看護師

利用者さんの健康状態に合わせた看護サービスを多職種と連携して提供しています。
例えば、褥瘡(じょくそう:床ずれの傷)の処置・痰の吸引・傷の処置・胃ろうの対応・インスリン注射・尿管カテーテルの管理など、様々な医療処置に可能な限り対応しています。また、体調の変化が見られた場合は、医師の指示のもとその状況に応じた医療処置を行い、安心・安全・安楽な生活環境となるよう取り組んでいます。

介護士

日常生活の中で、心身の状況に応じた介護や利用者さんの能力を使った生活リハビリの継続を行い、その人らしい生活が送れるように支援しています。
ユニット型(※)ケアの特性として利用者さんが少数グループに分かれており、日常生活で介護士が関わる時間を増やすことができます。多くの情報を多職種で共有をしながら個別的なケアができるよう取り組んでいます。
(※)ユニット型・・・少人数グループ(当施設では7人)をひとつの生活単位(ユニット)として区分けし、各ユニットごとにダイニングスペースを持ち、担当の介護職員を配置して家庭的な雰囲気でケアを行うスタイル

セラピスト

通所リハビリ(デイケア)、入所リハビリ(ロングステイ・ショートステイ)では、理学療法士・作業療法士が利用者さん1人1人の状態や希望に応じて、個別訓練を中心に集団訓練やグループ活動を行っています。
通所では住み慣れた環境での生活が継続できるよう、また、入所では在宅生活再開のためのリハビリを行い、安心してご自宅で生活ができるよう支援しています。
心身機能維持の向上に努め、家屋訪問による住環境の整備や福祉用具の提案、ご家族への介助指導なども行っています。
・セラピー室のご紹介

管理栄養士

栄養科では毎日約350食の食事を提供しています。
噛む力や飲み込む力が弱い方には常食のほかに軟菜食、きざみあんかけ食、摂取量が少ない時には飲むタイプの栄養補助食品をつけるなど個別に対応しています。毎月1日にはお赤飯や小豆粥、そして様々な行事食を用意し、夏のおやつはソフトクリームを目の前で提供するなど美味しく楽しく食べていただけるよう努力しています。在宅へ戻られる方には栄養・食事・料理方法もご説明いたします。

ケアマネジャー

ケアマネジャー(介護支援専門員)は利用者さんおよびご家族の施設利用時の介護全般に関する相談支援を行います。
施設サービス計画書作成の中心となり、介護・看護・リハビリなどの各専門職が利用者さんの自立支援のために多職種協働できるよう調整する役割があります。在宅復帰支援のために居宅ケアマネジャーをはじめ、関係機関との連携も行います。

相談員

支援相談員は地域のみなさんにシーダ・ウォークを活用いただくための窓口を担っています。
これから施設利用を検討されている方、すでに利用されている利用者さんやそのご家族の安全・安心な生活の継続を目標に日々活動しています。主に社会的な困りごとに対して、地域の社会資源や社会福祉制度を活用した支援を行うとともに、地域のネットワーク作りにも参画しています。お気軽にご相談ください。

事務

シーダ・ウォークでは事務室のことをオペレーションサポート室と呼んでいます。施設全体の運営を事務機能として支える役割を担い、受付業務、会計、経理、渉外、庶務などの幅広い業務を担当しています。
シーダ・ウォークにお電話をいただいたり、お越しいただいた時に最初に対応させていただくのが、私たちです。施設の顔として、明るい声と笑顔で皆さんをお迎えします。