社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 家庭医療学センター > 河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷

家庭医療学センター河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷は、東京都訪問看護教育ステーションの指定事業所です
東京都訪問看護教育ステーション/河北訪問看護リハビリステーション阿佐谷の詳細はこちらからどうぞ>>

『ともに築く、安心と信頼のケア』

当ステーションは、地域で暮らす療養者とその家族が安心且つ安全に生活を送ることができるように、あらゆる面から生活を基にした医療を考えた看護・リハビリテーションを提供します。

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷の理念

「その人らしく・その家庭(うち)らしく生活するための医療とケアの実践と創造」

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷は、昭和56年から「在宅患者サービス」という名称で、24時間365日地域の在宅ケアを総合的に支えるTHHS(トータルホームヘルスケアサービス)の理念の基に活動してまいりました。

我々は、人が生まれながらに持つ「人の生きる力」と、生活体験から培われた「生きる知恵」を最大限に引き出せるよう支援していきたいと考えております。
健康は、病気の対極にあるのではなく生活の延長線上にあります。健康に対する価値観には個人差があり、その人その人がもつ健康の価値を理解し実現していくことが求められます。最も深い意味での健康とは、幸福であり生きがいであると考えます。

疾病や障害を持ち生活する人・その家族が、おかれた状態や状況を受けとめ、療養生活に意味を見出し、新たな健康の価値を築き、地域での暮らしをより豊かにできるよう、私たちはより良い地域の在宅ケアの実現を目指し活動してまいります。

目的

尊厳ある療養生活(くらし)を保つ質の高い在宅ケアを目指すと共に、ケアしあう地域・文化の構築と発展に寄与する

活動方針

1. 生活の資源であり能力である健康を、より良い状態で維持できるように、生活者家族と平等な立場で在宅ケアを実践する
2. 安心して地域で暮らせるよう、24時間365日在宅療養を支援する
3. 生活の中にある医療やケアのあり方を追及し、より拡張した在宅ケアシステムの実現とコミュニティケアの構築に努める
4. 地域の実状に即した地域の在宅ケアモデルとなるよう、実践・研究・啓蒙活動をおこなう

ステーションの特徴

・当ステーションは、家庭医療学センター内に併設しており、医師と看護師・理学療法士などの医療チームが集まっております。さらに、病院や地域の窓口として活躍する社会福祉士・介護支援専門員などの各専門分野と連携し、生活のあらゆる視点からそれぞれに合わせた統合された質の高い在宅医療・ケアが提供できます。
・病状変化などの緊急を要する場合の24時間の相談と必要時の対応
・医療的処置やケアが必要な小児におけるレスパイトケア(留守番看護・滞在看護)
・医療依存の高い方への対応

訪問看護とは

在宅を専門とする看護師や理学療法士などが、かかりつけ医の指示の下に行う医療サービスです。お子様からお年寄りまで、年齢や健康・医療のレベルを問わずに、療養上必要なケアや医療的処置・情報の提供や指導などを行います。病院と違って、生活の面から捉えたその人に必要な医療やケアを行うものです。

こんなサービスです。。。

・病状の観察を行い、悪化予防への対処や工夫、医師への情報提供、ご本人やご家族への説明やご指導を行います
・療養上必要な医療的処置の実施やご指導をおこないます
・病状が不安定な方や高度な医療的ケアにある方への清潔ケアを行います
・医療機器や器具の管理やご指導を行います
・終末期にある方への援助や看取りについてご説明やご指導をおこないます
・床ずれの予防や処置を行いご指導いたします
・認知症などの相談や対応をおこないます
・福祉用具や社会資源などの情報の提供や用具の選定を提案いたします
・療養上の諸問題の対応や相談をお受けします
・主治医を始めとする関係機関との連携や調整などをおこないます
・在宅療養に対する医療的なご相談をお受けいたします

訪問リハビリテーションとは

かかりつけ医の指示の下、病気やけが、老化などにより、在宅生活上になんらかの支障をきたしている方々の生活の場に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が訪問しリハビリテーションをおこないます。ご本人の身体機能や介護状況などの生活環境を総合的にとらえて、安全で安楽な在宅生活が続けられるようにリハビリテーションを行いご指導いたします。

こんなサービスです。。。

・安全に負担なく移動できる動作訓練やご指導をいたします
・機能訓練及び自主トレーニングのご指導をおこないます
・車椅子への移乗や入浴動作などの訓練及び介助指導をおこないます
・介護負担軽減を目的とした介助指導を行います
・福祉用具の選定や提案をおこないます
・手すりの取り付けや段差解消など住宅改修の提案や相談をお受けします
・機能の維持を図る生活リズムの提案を行います
・閉じこもりがちな方に対しての、精神的支援や行動範囲拡大へ向けての提案や支援を行います
・飲み込み(嚥下)の訓練や食形態などの検討・指導を行います

訪問看護・リハビリが開始されるまで

 

認定看護師の紹介

訪問看護認定看護師 矢尾 知恵子

訪問看護認定看護師とは、在宅療養している人、これから始めようとしている人、または出来るだろうかと悩んでいる人に対して、在宅生活の安定と実現を目指した援助・支援を行う在宅ケアを専門領域とする看護師です。
ご本人やご家族はもとより、主治医の先生方を始めとする医療スタッフ、関係機関との調整等を行いながら、生活者が地域でその人らしく療養生活できるようお手伝いしていきます。
病気の度合いや健康状態に関係なく、在宅生活を続けていく上での課題や、より良い状態に保つ為の工夫を行います。
「いえに帰りたい」「在宅生活をしたい」「つれて帰りたい」を常に応援する看護師です。お気軽に相談ください。

皮膚・排泄ケア認定看護師 佐藤 志保子

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、皮膚の健康や創傷、排泄を専門領域とした看護師の事です。
褥瘡や下腿潰瘍のケア、ストーマケア、失禁ケアなど、直接利用者にケアを提供しています。
また、褥瘡の予防用具の選択、家族への生活指導、医師やケアマネージャとの連絡調整など相談連絡調整の役割も担っています。
在宅では、チームで課題に取り組む事が問題解決の鍵となります。
カンファレンスの場で、アセスメントや最新の知識を共有し、チームとして皮膚・排泄ケア領域における質の高い専門的なケアが提供できることを目標に活動をしています。

訪問看護認定看護師 船浪 紀子

訪問看護認定看護師は、住み慣れたご自宅で生活している方、もしくはこれから在宅療養を始めたいと考えている方やご家族へ、病気や障害とうまく付き合いながら生活していくために必要な医療やケアを行うことが役割です。
 訪問看護は、生まれつき障害を持って生まれたお子さんが元気に成長していくための看護もあれば、癌の通院治療が上手くいくようにお手伝いするための看護、お家で寿命を全うしたいと考えている方がその人らしく生ききるための看護など様々です。どのような状態・状況にあっても、その方やご家族の「家で暮らしたい」思いを応援します。
 病気や障害は生活していく上で不安をもたらします。それでも、人は誰でもその人らしい健康な生活を送る力を持っています。訪問看護認定看護師はその力を引き出すために、一緒に考え、話し合い、あなたを応援する多くの人たち(医師やケアマネジャー、リハビリの先生、ヘルパーさん等)と共に力を合わせて豊かに生きる方法を探します。在宅療養のことは何でもご相談ください。

利用条件・サービスエリア

利用条件

利用条件(杉並区・中野区の一部に在住の方。医師から必要性を認められた場合)と利用料金

 

サービスエリアマップ

※訪問診療(約2Km)・訪問看護(約3Km)のおおよその目安範囲です
※訪問介護は杉並区全域をカバーします