社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 家庭医療学センター > 診療科(外来・訪問)

家庭医療学センター診療科(外来・訪問)

「身近な存在の医師として、地域や家庭の健康をサポート」

家庭医療科では、内科疾患を中心とした初診外来や慢性疾患の方の継続的な診療を行っています。専門診療、検査などは河北総合病院・本院/分院と綿密に連携をとりつつ安全な医療を提供しています。

【外来診療】
皆さんが抱えている健康上の問題に相談にのり、診療科にかかわらずに幅広く、診断と治療を行います。
「こんな相談をしてもいいの?」などと迷わず私たちにご相談下さい。家庭医として、病気の治療はもとより、疾病の予防や患者さん自身によるセルフケア、生活アドバイスを含めた丁寧な診察を心がけております。

【訪問診療】
通院困難となった方のご自宅に家庭医が往診し、医療とケアを可能な限り,皆さんの生活の場(地域・家庭)で提供します。ご自宅で療養している患者さんが、医師から隔絶することなく、安心して医療を受けられるよう、看護・介護・相談員とともに在宅ケアをサポートします。
また、当科では「住み慣れた場所で、人生の最期を迎えたい」と希望されている方の支援を積極的に行っております。「在宅での緩和医療」に熟練した医師と看護師による在宅ホスピスを実践しております。

健康な人、病気や障害と闘っている人、そして診断や治療の終わった人に対して、身近な存在としての医師として、「より健康に、その人らしい生活を続けていく」ための支援をしております。

家庭医療科

理念

「医療の原点に立ち戻る ー 揺りかごから、墓場まで ー」

目的

1. 質の高いプライマリ・ケア(初期診療と継続診療)の提供
2. 患者との信頼関係を基礎とした全人的な医療の実践
3. 地域医療への貢献と、地域医療に携わる医師の教育

活動目標

1. 年齢・性別・疾患を問わず,医療的ケアを必要とする方に、包括的かつ継続的なケアの指針を立案する
2. 身体的・心理的・社会的・文化的そして今ある現象を統合しながら治療指針を患者と交渉する
3. 健康増進,疾病予防,疾患の治療・ケア・緩和 (cure/care/palliation)を遂行する
4. 多職種との協働を大切にし、家族ケアを実践する

家庭医療科の診療って?

家庭医療科は河北サテライトクリニック3Fにおいて、さまざまな訴えや症状をもった患者さんに対して、一般診療を行っています。

日常的に生じる健康問題のほとんどは、専門医による高度医療を必要としない場合が多く、一般医(家庭医)による適切な診断と加療によって解決できます。クリニックでは、一般的な検査<血液検査、レントゲン、心電図、超音波検査(河北総合病院 本院・分院)、CT・MRI検査(河北総合病院 本院・分院)>の実施を含め、丁寧な診察と診断・加療を実践しています。

尚、救急の処置が必要な重症な方や、専門医診療や入院の必要がありそうな方と判断した場合は、河北総合病院との連携のもと、病院での診察を勧めさせていただいておりますのでご了承下さい。


【このような方はぜひ、家庭医療科へどうぞ】

その他、さまざまな症状について医師に相談してみたいと思っている方や、何科にかかったらいいのか悩んでいる方など、気軽にクリニックへ来院下さい。

・生活習慣病(高血圧、高脂血症、肥満、メタボリックシンドロームなど)を指摘されている方や心配な方
・健康診断で精密検査をアドバイスされている方
・退院後にかかりつけ医をお探しの方
・慢性疾患を患い、定期的な検査が必要な方
・予防接種(小児も含む)を希望されている方や相談したい方
・「物忘れ」や「認知症」で困っている方やその家族
・寝たきりなどで通院が困難になってしまった方
・在宅療養中で医療的な処置が必要な方(経管栄養、留置カテーテルの管理など)
・ターミナル期にあり、在宅での療養を希望される方  など