社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 家庭医療学センター > 家庭医療学センターとは

家庭医療学センター家庭医療学センターとは

患者・家族の生活を医療・看護・介護・福祉の面から包括的に支えるために、各専門分野の連携と統合をおこない、1つの機関として効果的・効率的に機能するために集約させたのが「家庭医療学センター」です。患者・家族の生活と地域を大切に考え、「利用者が主体的に参加し、医療者と共に創っていく医療とケア」の創造を目指しています。

診療部門

診療科にとらわれずに身近な存在としての医師、家庭医(プライマリ・ケア医)として、家庭医療を行っています。初期診療と継続医療を行う外来診療と、在宅療養と在宅緩和ケアを実践する在宅診療を通して医療を提供しています。

診療(外来・訪問)はこちら

看護・リハビリ部門

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷を基盤として、在宅療養中の患者・家族への医療・看護・リハビリテーションを提供しています。生活のなかにある医療やケアのあり方を追求し、人がもつ生きる力(セルフケアや自然治癒力)を大切にして活動しています。

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷はこちら

教育・研修部門(医師・看護師・理学療法士・作業療法士 研修)

センターを単なるサービス提供の場としてではなく、家庭医療、訪問看護、リハビリ職(理学療法士・作業療法士)を学問として普及させることを目的としており、教育と研修を大切にしています。各部門では、専門職として働くために必要な態度・知識・技術を修得するための教育と、これらを日々の実践へと転換し、現場からのフィードバックを大切にした研修をサポートしています。

医療関係者の方へはこちら

運営支援室

センター内の各部門との連携を図り、専門職がその専門性をより高め、効果的かつ効率的に業務が遂行できるように提案し、組織横断的な運営支援をおこなっています。