社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 家庭医療学センター > ご挨拶

家庭医療学センターご挨拶

家庭医療学センター長  一戸 由美子

1928年の創立以来、河北総合病院が掲げてきた「地域の医療を担っていきたい」という理念に基づき、「地域完結型ケア」を目指して2006年4月に東京・杉並家庭医療学センターを開設、2014年4月に名称を河北家庭医療学センターと改称しました。私たちは、診療・看護・相談支援活動を通じて、杉並区54万人の地域医療について共に考え、「地域住民が主体的に参加し、医療者と共に創っていく医療とケア」を実践していきたいと考えております。

1981年に財団は、THHS (Total Home Health care Service)という概念を掲げ、地域の方々が入院しているときだけでなく、家庭にいるときも安心して医療サービスにアクセスできるシステムを開始し、「生活のなかにある医療とケア」を重視してまいりました。
今、「家庭医療」という概念を取り入れ、より一歩、地域の皆さまに近づき、「人と人とのよい結びつき」から生まれる健康で豊かな地域づくりに貢献したいと願っております。

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷、家庭医療科(外来) 看護師長 矢尾 知恵子

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷は、訪問看護制度が創設される以前の1981年から、「在宅患者サービス」という名称で活動してきた歴史ある事業所です。当初から、24時間365日地域の在宅ケアを支えたいと考え看護師と理学療法士が協働し活動しております。

わたしたちは、常に、療養される方やご家族が安心して住みなれた場所で暮らせるように、また安心して退院ができるように、身近にい在る医療者でありたいと考えております。

小児からご高齢の方、高度な医療から予防医療(教育・啓蒙)、自宅で最期を迎えたい人、様々なニーズや疾病の段階に応じた訪問看護・リハビリテーションを実践しております。

在宅生活を続ける上で最も大切なのは、常に、生活するための医療やケアのあり方を追及し、人が持つ生きる力(セルフケア力や自然治癒力)を考え、その人らしい生活が送られるよう援助していくことだと考えております。わたしたちは、在宅ケアを通じた地域とのつながりがコミュニティケアを育み“より良い地域のくらし”につながることを願い活動しております。