社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 透析センター > 透析生活へのアドバイス

透析センター透析生活へのアドバイス

なぜ透析?

「透析が必要になる」といわれたら、さまざまな不安が湧き上がってくるのは当然のことでしょう。
しかし、透析は、腎臓の代わりに体調を整え、これからの充実した生活を支える治療です。実際、日本では現在30万人以上の方が透析を受けており、仕事を続け、旅行や趣味など日常生活を活き活きと過ごされている方も多くいらっしゃいます。
透析導入が遅れると、つぎつぎに余病を起こしてしまい社会復帰が遅れてしまう可能性もあります。そのため、透析療法は、適切なタイミングではじめることがとても大切です。不安な気持ちからか、いたずらに透析導入を遅らせることがないよう、"なぜ”透析が必要なのかをあらかじめ理解しておくことが大切です。

自分らしい透析を!

透析療法を始めたら、自分自身で、水分や食事制限などの自己管理をコントロールすることができて、初めて『自分らしい透析生活』を送ることができます。
心配なこと、疑問に思うこと、迷うことなどがあれば、いつでも、医師や看護師、医療スタッフにお尋ねください。
病院まかせではなく、周りのひとの協力を得ながら、治療を受けて、自分の生活スタイルをうまく築いていきましょう!