HOME > 診療科/部門 > 薬剤部 > 薬剤部について

薬剤部薬剤部について

主な役割

 診療、治療に来られた患者さんに対し、品質の保証されたお薬を購入、保管し、その後、外来や病棟、手術室へ患者さんの回復を祈りつつ供給を行っています。
 入院している患者さんのお薬については、一包化した形でお渡ししています。お薬の名前や量は、一包化した袋に記載してあります。
 外来や入院中に、注射剤で治療される患者さんへのお薬の提供や市販されていない特殊なお薬の調製も行っています。入院中の患者さんには、治療に使用したお薬の記録を作成し、患者さんに服用しているお薬について説明し、治療のお手伝いをしています。また、お薬は日々進歩しています。治療における、新薬の情報や副作用の情報の提供など、お薬に関して幅広い対応をしています。

部長からのメッセージ

部長 折井 孝男

 お薬は正しい使い方により、その効果を発揮して、適正な薬物治療ができます。その反面、副作用などの思わぬことも生じます。新しいお薬も治療の現場に次々に出ています。新薬についても、診療する医師への助言をしています。最適な薬物療法を提供するためにはどうしたら良いか、薬剤部では患者さんの治療のお役に立てるよう、日々の業務に励んでいます。