HOME > 診療科/部門 > 糖尿病・内分泌代謝内科 > 糖尿病・内分泌代謝内科について

糖尿病・内分泌代謝内科糖尿病・内分泌代謝内科について

主な症状・病名

当科では、糖尿病を始めとして、高血圧症や脂質異常症、肥満症などの生活習慣病、甲状腺や副甲状腺、下垂体、副腎などの内分泌疾患の診療を行っております。
対象となる疾患は、以下のようなものです。

・糖尿病:1型糖尿病、2型糖尿病、その他の原因でおこる糖尿病

・高血圧症
 :本態性高血圧症、腎性高血圧症、内分泌性高血圧症
 (先端巨大症、クッシング症候群、褐色細胞種、原発性アルドステロン症など)

・脂質異常症
 :高コレステロール血症、高トリグリセライド血症、低HDL血症など

・甲状腺疾患
 :甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)、甲状腺機能低下症(橋本病など)、甲状腺腫瘍

・副甲状腺疾患
 :副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症

・間脳・下垂体疾患

主な診療内容

・糖尿病専門外来診療、血糖コントロール・教育入院
 血糖コントロールのみならず、細小血管障害である網膜症、腎症、神経障害、また脳梗塞や心筋
 梗塞などの大血管障害発症予防を目的として幅広い検査と評価を行っております。
 また、他科と連携した治療(透析導入・心血管系の治療など)を行うことができます。

・高血圧症:内分泌性の高血圧症が潜んでいないかを診断するための負荷試験

・甲状腺疾患:ホルモン検査・甲状腺超音波検査・甲状腺穿刺吸引細胞診

部長からのメッセージ

部長 吉田 勢津子

糖尿病患者さん一人一人にテーラーメイドの診療を心がけております。患者さんと共に糖尿病に対する理解を深め、食事や運動療法を基礎に、必要に応じて適切なお薬を選択し、健常人と同じ質のよい人生が過ごせるよう、一つのチームとして共に療養に努めたいと思います。