HOME > 診療科/部門 > 小児科 > 小児科について

小児科食物アレルギーの検査、治療

◆◆◆当院小児科にて実施しております◆◆◆

食物アレルギーの検査、治療について

まずは以前の症状について詳細の経過を伺い、血液検査や皮膚テストをもとに評価します。また、アトピー性皮膚炎を合併する乳児に対しては血液検査の前にスキンケアや外用療法の指導を行うこともあります。

【経口負荷試験とは】

食物アレルギーがなくても血液検査で陽性反応が出ることも多く、実際に食べてみないと正しい診断ができないことがあります。また、乳児期に食物アレルギーと診断されていても、多くのお子さんは、成長とともに食べられるようになります。経口負荷試験を行うことで、食物制限を続けることが本当に必要かどうかを知ることができます。

《検査を受けるには》

検査をご希望される方は外来を受診していただき、年齢、症状、血液検査の結果などを参考にして、検査をする食物の品目と検査日程を決めます。なお、検査に使う鶏卵、牛乳、豆腐などは、病院で用意する場合と、ご家族に持参していただく場合があります。

小児科アレルギー外来のご案内

アレルギー外来は河北総合病院 本院にて診療しております。初診時よりアレルギー専門医の診察を希望される方は、紹介状をご準備の上、お電話でご相談ください。

また紹介状をお持ちでない方でも、アレルギーについて不安のある方は、火、水、木曜日の午前中に河北総合病院 分院の小児科外来にて受け付けております。お気軽にご相談ください。

※初診時の診療医師は交代制で行っております。

ご予約・お問い合わせ

電話:03-3339-2121(代)
月~土 9:00~17:00(祝日除く)