HOME > 診療科/部門 > 消化器内科 > 消化器内科について

消化器内科消化器内科について

主な症状・病名

当科では腹部に関係したあらゆる症状、たとえば痛み、嘔吐、膨満、下痢等、いろいろな症状を対象にしています。また、人間にできる癌のうち7割は消化器系に発生するといわれており、胃癌、大腸癌など消化器癌の早期発見に力を入れています。

主な診療内容

消化器内科は多くの臓器を扱うため、検査・治療法も多岐にわたっています。特に当科では薬物治療以外に、直接患部にアプローチして治療を加える手技が豊富にあります。
そのひとつが内視鏡的治療で、消化管出血止血術や総胆管結石除去術、大腸ポリープ切除術などがよくおこなわれています。早期胃癌に対しての粘膜下層剥離術(ESD)も多くなっています。また肝癌に対しては皮膚から直接針をさして癌を焼くラジオ波焼灼術、肝動脈から薬剤注入と塞栓を行う動脈化学塞栓術など、外科的切除にも劣らない治療法があります。
もちろん、各種消化器癌の早期発見のために、腹部超音波検査、CT、MR、内視鏡検査、細胞診などあらゆる検査手段を用いています。

部長からのメッセージ

部長 五十嵐 裕章

病院にかかる人の中で腹部の症状を訴えてくる人の割合は多いと思います。重大な病気を手遅れにしないために、早めに近くの先生を受診し、必要に応じて当院を紹介して頂きたいと思います。
当科では消化器系各分野の専門医がそろっており、また検査・入院の十分なキャパシティを有しておりますので、遅滞無く満足のいく医療を提供できると確信しております。