HOME > 診療科/部門 > 心臓血管外科 > 心臓血管外科について

心臓血管外科心臓血管外科について

対象となる疾患

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、高齢者に増加傾向の大動脈弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症などの弁膜疾患、急性大動脈解離や胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤などの大動脈疾患の手術加療を主体に診療を行っています。

主な診療内容

1.狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈バイパス術では、人工心肺を使用しない(オフポンプ)手術を第
  一選択とし、患者さんに負担の少ない術式を心掛けています。

2.高齢化とともに増加している大動脈弁狭窄症に対しては、生体弁による人工弁置換術を、僧帽弁
  閉鎖不全症に対しては、自己弁を修復・温存する弁・弁輪形成術を積極的に行い、術後に抗凝固
  療法(ワーファリン)の内服が不要な術式を第一選択としています。また、大動脈弁狭窄症の周術
  期合併症の高リスクの症例は順天堂大学での経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)を提案、
  紹介しています。

3.心房細動を合併した症例にはメイズ(迷路)手術を行い、また、開心術のほぼ全例に左心耳縫縮術
  を行い、周術期の心原性血栓塞栓症の予防に努めています。

4.腹部大動脈瘤に対しては、瘤の形態的に手術可能であれば、開腹による人工血管置換手術より
  も、両鼠径部からの小さなキズでの腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術(EVAR)を行っていま
  す。
  EVAR症例は術後早期から、立位歩行や食事が可能となり、術後約1週間前後で退院しています。

5.胸部大動脈瘤や急性A型大動脈解離に対しては、人工血管置換術や大学での胸部大動脈瘤ステン
  トグラフト内挿術(TEVAR)を行っています。