HOME > 診療科/部門 > 神経内科 > 神経内科について

神経内科神経内科について

主な症状・病名

・主な症状
頭痛、めまい、物忘れ、歩きにくい、力が入りにくい、しびれ、ふるえ、けいれん、失神など

・主な病名
パーキンソン病、片頭痛、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、進行性核上麻痺、筋萎縮性側索硬化症、
てんかん、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、重症筋無力症、多発性硬化症、
多発性筋炎、脊髄疾患、神経サルコイドーシス、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーなど

主な診療内容

・脳卒中の急性期医療

・脳梗塞超急性期のt-PA療法

・パーキンソン病の診断および薬物療法

・認知症の診断および治療(物忘れ外来)

・神経変性疾患の診断および治療

・てんかんの診断および治療
 年間600名以上の方が、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を発症して入院されています。その他にも
 髄膜炎、脳炎、めまい、てんかん、ギランバレー症候群、フィッシャー症候群、パーキンソン病、
 パーキンソン症候群、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性硬化症、
 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー、皮膚筋炎、多発性筋炎などで入院される方もいらっしゃ
 います。

部長からのメッセージ

部長 清水 秀昭

まずは自分の症状が病気かどうかを知ること、病気だったときはその病気はどんな病気かを詳しく知ることが重要です。病棟や外来で分からないことことがあれば積極的に質問してください。