HOME > 診療科/部門 > 心療科 > 心療科について

心療科心療科について

主な症状・病名

何となく気が晴れない、今まで楽しめたことが楽しめない、ちょっとしたことでもすぐに心配や不安になる、眠れないなど精神的に不安定な方・悩みを抱えている方の診断、治療を主に行っています。

対象となる疾患
・気分障害(うつ病、躁うつ病)

・不安障害、パニック障害、強迫性障害、適応障害

・統合失調症、認知症

・児童期・思春期疾患、特に摂食障害や不登校など

主な診療内容

今までの経過、心配や不安なこと、ストレスと感じていること、現在の状態などおひとりおひとり時間をかけてお話をうかがっています。

必要に応じてCTやMRIなどの画像検査を行い、脳内の異常の有無をチェックしています。また心理検査により性格傾向やストレスのチェックを行っています。

薬物療法が主になりますが、必要に応じて臨床心理士によるカウンセリングや認知行動療法(保健適応外)などの非薬物療法を併用し、おひとりおひとりの状況に即したオーダーメイドの治療を行っています。また思春期疾患に対しては心のケアセンターと連携し、治療効果の向上に努めています。

外来患者さんの身体症状に対しては、内科をはじめ様々な診療科と連携をはかっています。また、入院患者さんの精神症状に対し、リエゾンコンサルテーションを行っています。

当院には精神的なケアを専門に行う病棟がない為、経過により入院が必要となった場合は入院設備のある病院をご紹介しています。(なお初めから入院をご希望の場合、円滑な入院加療を行う為には、最初から入院設備のある病院を受診されることをお勧めします。)

部長からのメッセージ科長からのメッセージ

部長 大地 武

ストレスの多い現代社会では、誰もがちょっとしたことで心のバランスを崩してしまうことがあります。不安や心配で夜も眠れない、悩みを誰にも相談できないなどの状況が続いている方は、ひとりで悩まずに専門家に相談してみることをお勧めします。