HOME > 診療科/部門 > 産婦人科 > 産婦人科について

産婦人科産婦人科について

主な診療内容

マタニティー・スクエア

妊娠・分娩・子育てのお手伝いをさせていただきます。
次の世代をつくり、はぐくむことは人生でもっとも大切なことですし、また大きな喜びであります。お腹のなかで胎児の成長を見、どのような子が生まれてくるのだろうか、どのような子どもに育てようか、考えるだけでも心躍ることです。皆様のこの気持ちをしっかり受けとめ、その実現のお手伝いをさせていただきす。
一方、お産は安全となったとはいえ、やはり母・子にとって大変な負担ですし危険も伴います。私たちは母児の安全を最優先にします。

レディース・スクエア

女性の一生は男性よりも劇的に変化します。幼年期・思春期・成熟期・更年期・老年期と分けられていますが、それぞれの段階で悩まれることも違います。一つの悩み・病気に対しても人生の段階によりどのような治療をするかが異なります。私どもは、内分泌治療・不妊治療・避妊・内視鏡手術・開腹手術・更年期治療・排尿障害治療・がん検査・がん予防などライフステージにあわせた治療をおこないます。

部長からのメッセージ

May All Your Wishes Come True!!
病気あるいはお困りのことを解決することは当然ですが、家庭環境・Life Stage・お考えによって、同じ疾患に対してさまざまな方法があります。たとえば子宮筋腫では、手術療法・薬物療法さらには経過観察等の対処法があります。年齢・既婚未婚・お気持ちさまざまな要素で、どの治療法があなたにとって最も良いか、情報提供しご相談の上決めさせていただきます。お産でも、できるだけ普通分娩を、麻酔分娩を、赤ちゃんへの負担を最小限に等、ひとそれぞれのお考えがありますし、実際にお産が始まってからもお考えが変わることもあります。それぞれのご希望におこたえいたします。
わたしどもの目標は、入院中は苦しいこともあったが、退院のとき、”良かった”と感じていただくことです。これに努力してまいります。