HOME > 診療科/部門 > 臨床工学科 > 臨床工学科について

臨床工学科臨床工学科について

主な役割

臨床工学技士は、医療機器を保守・点検・管理・操作を行う医療技術者です。
医療機器には、人工透析(血液浄化療法)・人工呼吸器・人工心肺装置など医師の指示のもと操作する生命維持管理装置などがあります。

その他日常的に使用している医療機器(輸液ポンプ・血圧計・生体情報モニタ等)も安全に使用できるよう点検・修理し、安全性確保と有効性維持に貢献しています。また、安全に使用するための教育も定期的に行い、医師・看護師・その他の医療従事者のサポートをします。
臨床工学科は、5名の臨床工学技士が業務を行っています。

主な業務

血液浄化業務(外来・入院)

血液浄化療法は、血液内の毒素を除去する治療です。一般的に知られている維持透析治療は、外来クリニック(葦クリニック)と分院透析室で行われています。その他の血液浄化として、血漿交換・吸着療法・急性期の透析治療・腹水濾過濃縮再静注など多種多様な血液浄化を、ICU・CCU・一般病棟にて行っています。どの治療においても、治療の準備から終了までその専門的な知識・技術をもって対応しています。

心臓カテーテル検査室業務

狭心症や心筋梗塞といった心臓血管疾患や腹部・下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)などの検査や治療に対し、専門的知識を柱に安全かつ円滑に行えるようサポートしています。また、不整脈に対する電気生理学的な検査や、アブレーションといった不整脈治療の際も同様にサポートを行っています。

手術室業務(機器管理・人工心肺操作)

手術室にある機器を管理しています。
また、各手術室の準備(麻酔器の始業点検含む)や、開心術での人工心肺装置の操作、内視鏡下術での機器(カメラ・モニタ)の準備・介助も行っています。

ペースメーカー業務(外来・入院・手術立会い)

体内に植込まれているペースメーカーの状態・情報を「プログラマー」と呼ばれる機器を操作し、医師へ報告する業務を行っています。定期検査外来・植込み手術・植込み患者の他手術時の設定変更等に対応しています。

機器管理業務

東3階ME室・分院3階ME室にて中央管理で医療機器を管理しています。日常的・定期的に点検し、機器が安全に使用できるよう努めています。メーカーによる技術講習を受講したことで科内にて修理を行える機器も増えました。

医療機器に関する勉強会

様々な医療機器を使用するのは、各スタッフ自身です。全スタッフを対象に、医療機器を安全・確実に操作していただけるよう院内での勉強会を医療機器メーカーとも協力して積極的に行っています。
さらに、より専門性を要する機器に関しては、該当部署に対して機器の説明のみならず周辺知識も含めた勉強会を実施するよう努めています。

科長からのメッセージ

松島

現在の医療において医療機器はなくてはならないものとなり、重要な役割をもっています。機器の管理及び使用方法によっては重大な事故を引き起こす可能性もあるため、点検・修理等の管理や、使用する医療従事者への教育・サポートも重要な業務と考えます。
直接患者へ関わる業務が少ない部署ではありますが、機器を通じてチーム医療に貢献し、質の高い医療を提供できるよう努めています。