HOME > 診療科/部門 > 脳神経外科 > 脳神経外科について

脳神経外科脳神経外科について

主な症状・病名

脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、などの中枢神経系疾患を扱っています。当科で経験のある疾患・治療は下記のとおりです。

施行可能な治療

・脳血管障害(脳卒中)に対する外科的治療全般

・脳血管障害(脳卒中)に対する血管内治療

・脳腫瘍・脊髄腫瘍に対する外科的治療全般

・頭部外傷に対する外科的治療全般

・特発性正常圧水頭症に対する髄液シャント術

・てんかんに対する外科的治療

・片側顔面攣縮や眼瞼痙攣、痙性斜頸へのボツリヌス毒素(BOTOX)療法

主な診療内容

・外来診療は月曜日から金曜日まで毎日行っております。

・入院診療は、神経内科と連携して脳神経センターで行います。重症の方や、術後の方は
 集中治療室(ICU)で治療を行います。

・脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対しては、脳動脈瘤頸部クリッピングを、重症の脳出血に
 対しては救命の目的で開頭血腫除去術を行っています。また、もやもや病を含めた虚血性脳血
 管障害に対しては頸動脈内膜剥離術や、STA-MCA anastomosis、EDASなどの血行再建術を行
 っております。

・未破裂を含めた脳動脈瘤に対しての脳血管内治療によるコイル塞栓術、頸動脈狭窄症に対する
 コイル塞栓術、ステント留置術も行っております。

・良性脳腫瘍(髄膜腫や下垂体腫瘍など)に対する開頭腫瘍摘出術、経蝶形骨洞的下垂体腫瘍摘
 出術、などを行っています。

・急性硬膜外・硬膜下血腫に対する緊急開頭血腫除去術を行っています。また、慢性硬膜下血腫
 に対しては穿頭血腫洗浄術(またはドレナージ術)を行っております。

・特発性正常圧水頭症に対しては、リハビリテーション科にて綿密な術前評価を行い、高齢者に
 負担の少ない腰椎腹腔シャント術を第一選択として髄液シャント術を行っております。

・てんかんに対しては脳波ビデオモニタリングなどの術前検査にて手術適応を検討した上で、て
 んかん焦点切除術を行っています。

部長からのメッセージ

部長 仲間 秀幸

日本は今、未曾有の高齢化社会に突入しています。その影響で、私達の暮らしは大きく変化しつつありますが、地域医療における脳神経外科の診療も例外ではありません。高齢化が進んだことで高齢者特有の疾患、例えば特発性正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫などの手術件数が確実に増加しています。これらはともに『手術で治る認知症』の代表的なものです。私達脳神経外科は、従来の脳卒中、頭部外傷、腫瘍性疾患に加えて、これらの増加する疾患にも速やかに対応し、地域の皆様の信頼に応えられるように頑張っております。どうぞ安心してご来院下さい。