HOME > 診療科/部門 > 血液内科 > 血液内科について

血液内科血液内科について

主な症状・病名

・血液異常から生じる貧血、発熱、紫斑
・貧血症(再生不良性貧血・自己免疫性溶血性貧血・骨髄異形成症候群など)、白血病、悪性リンパ腫、骨髄増殖疾患(真性多血症・本態性血小板血症・骨髄繊維症)、多発性骨髄種、特発性血小板減少性紫斑病(免疫性血小板減少症)、凝固異常症など

主な診療内容

・各種造血器腫瘍に対して、化学療法を含めた標準的薬物療法
・外来輸血療法
・外来一般診療
・出血性疾患・血栓症における診療やコンサルト

部長からのメッセージ

当院では血液疾患や造血器腫瘍における確立した薬物治療および化学療法を行なっています。また外来輸血療法も受けており、定期的な輸血治療も行っています。近隣の大学病院とも連携をとりながら、杉並区内の基幹病院として血液疾患の治療や相談を受け付けております。