HOME > 診療科/部門 > 看護部 > 看護部について

看護部専門看護師・認定看護師

高い知識や技術を備えた『専門看護師・認定看護師』をご存知でしょうか?

看護職(保健師・助産師・看護師)として医療に従事するには、国家資格を必要とし、法律に基づいた役割を担っています。
医療の高度化が進むにつれて看護職も、より高度な知識・技術が要求されるようになりました。

看護師として5年の実務後、大学院(2年)で専門分野を学び、審査を受け、資格を取得した者を専門看護師といいます。一方認定看護師とは、看護師実務5年後、一定の教育機関で6か月の教育を受け、認定審査を受けた者をいいます。
専門看護師は10分野、認定看護師は21分野あり、いずれも厳しい入学試験と認定審査に合格する必要があります。
また、資格は永久ではなく、5年ごとに更新認定を受けなければなりません。

河北医療財団ではこの資格取得への補助制度を定め、積極的に育成に努めてきました。
河北医療財団で活躍している専門看護師・認定看護師から、業務内容と具体的にどのように患者さんを支援しているかを紹介します。

 

◇ 専門看護師 ◇

・がん看護専門看護師       1名
・急性・重症患者看護専門看護師  2名

◇ 認定看護師 ◇

・救急看護認定看護師           1名
・皮膚・排泄ケア認定看護師        2名
・集中ケア認定看護師           2名
・緩和ケア認定看護師           2名
・がん性疼痛看護認定看護師        1名
・訪問看護認定看護師           2名
・感染管理認定看護師           2名
・糖尿病看護認定看護師          1名
・摂食・嚥下障害看護認定看護師      2名
・小児救急看護認定看護師         1名
・認知症看護認定看護師          1名
・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 1名
・慢性心不全看護認定看護師        1名

(2017年8月1日現在)