HOME > 診療科/部門 > 循環器内科 > 循環器内科について

循環器内科循環器内科について

主な症状・病名

私たちが治療する病気

循環器内科は、心臓病、高血圧、動脈硬化など、心臓・血管系の病気を主に治療しています。特にカテーテルと呼ばれる細い管で、心臓や足の狭くなった血管を治す治療を得意としています。

主な診療内容

心臓病の主な症状は

1.胸痛、胸部圧迫感 ⇒ 狭心症や心筋梗塞が考えられます。命にかかわる病気です。
 急いで歩いたり重いものを持ったときに、胸の中心(前胸部)が圧迫される、あるいは絞めつけられるといった症状があったら狭心症が強く疑われます。すぐに病院にきてください。ほとんどの方がカテーテル治療で治ります。
 今までに感じたことのないような胸痛や胸苦しさが突然起こったら、急性心筋梗塞の可能性があります。
  すぐに救急車で河北まできてください。24時間365日いつでもすぐに治療します。

2.息切れ、呼吸苦 ⇒ 心不全が考えられます。心電図や心エコー検査など簡単な検査で診断がつきます。
  ぜひ一度、外来で検査を受けてください。

3.動悸 ⇒ 不整脈が考えられます。多くの不整脈は心配のないことが多いので、心配せずにまず病院で簡単な検査を受けて安心してください。なかには治療の必要な不整脈もありますので、とにかく一度病院で私たちに相談してください。

 その他、足の血管もカテーテルで治すことができます。歩いているうちに片方の足が痛くなったりしびれてきたりする場合、足の血管が狭くなっている場合があります。簡単な検査で診断がつき、カテーテル治療ですぐによくなります。
 また突然ドキドキする頻拍発作も、カテーテルで治ることが少なくないのでぜひ相談してください。

 心臓や血管の病気は、高血圧、糖尿病、高コレステロール、喫煙、肥満などにより起こりやすくなります。これらの方で心臓に不安のある方は、特に一度病院で診察を受けることをお勧めします。

部長からのメッセージ

心臓病のほとんどは、心電図や超音波など簡単な検査で診断がつきます。
もしご自分の心臓に不安があったら、心配せずまず循環器内科を受診してください。
また、突然胸が苦しくなったときには、迷わずすぐに救急車で当院にきてください。
河北総合病院には、経験豊かな専門医がそろっています。
日本循環器学会認定の循環器専門医が7人、日本心血管インターベンション(カテーテル治療)学会認定の専門医が3人働いています。心臓に少しでも不安のある方は、ぜひ一度当院の循環器内科を受診してください。