HOME > 診療科/部門 > 泌尿器科 > 泌尿器科について

泌尿器科前立腺肥大症に対する最新式のレーザー手術(PVP)

前立腺肥大症に対する最新式のレーザー手術(PVP)

この手術方法は、今までの電気メスを用いた手術に比べると、出血や合併症が起こる可能性が少なく、入院期間も短くなります。
また、今まで手術を受けることができなかった、血液を固まりにくくするお薬(抗凝固剤、抗血小板剤など)を服用中の方でも、手術が受けられます。

光選択式前立腺レーザー蒸散術(PVP)とは?

“PVP”は緑色のレーザー光を使用します。この光は血液中のヘモグロビンに選択的に吸収され、強い熱エネルギーを生じさせる特徴があります。
手術では内視鏡と合わせて血液の豊富な前立腺組織にこのレーザー光を照射することで、組織が瞬時に加熱・気化(蒸散)され、同時に表面に1-2mm程度の薄い凝固層ができます。

 

“PVP”は、緑色のレーザー光による前立腺肥大組織の強力な蒸散効果と、確実な止血凝固効果が発揮されるため、前立腺肥大症による尿道や膀胱への圧迫とそれによる症状を効率的かつ安全に改善します。

前立腺肥大症とその治療方法

男性特有の臓器である前立腺は、膀胱のすぐ下で尿道を取り囲んでいます。その前立腺が加齢とともに肥大(腫大)していく病気が前立腺肥大症です。

前立腺が尿道や膀胱を圧迫すると、「尿の出が悪い」、「頻繁にトイレに行きたくなる」、「排尿後もすっきりしない」、「尿がたまっているのに全くでない」などの様々な症状が出現します。

前立腺肥大症の『治療』は“内服薬”から開始します。内服薬で効果が不十分な場合や、薬の長期服用を避けたい場合は、“内視鏡手術”を行います。

前立腺肥大症の手術について

<従来型:TUR-P手術>
電気メスを用いて前立腺を内側から細かく削り、細くなった尿道を広げる。
〔デメリット〕
 ・手術中の出血量がやや多い。
 ・血液を固まりにくくするお薬(抗凝固剤、抗血小板剤など)を飲んでいる患者さんには手術が困難。
 ・低ナトリウム血症を起こすことがある。
 ・手術後のカテーテル(管)留置が4、5日必要。
<最新型:光選択式前立腺レーザー蒸散術(PVP)>
 従来型の問題点を克服しており、より患者さんに優しい手術です。“PVP”は既に欧米などで多くの治療実績があり、日本でも2011年に保険適用となりました。

PVP手術:よくあるご質問

Q1.入院期間はどのくらいですか?
A1.前日からの入院で、4~5日程度です。

Q2.手術後、カテーテル(管)はどれくらい入れておくのですか?
A2.通常は手術の翌日にカテーテルを抜くことができます。

Q3.手術後の痛みが心配です・・・。
A3.手術に用いる内視鏡が細く、手術後のカテーテル留置期間が短いので術後の痛みは殆どありません。

Q4.性機能への影響はありますか?
A4.患者さんの99%(勃起障害の無い)は手術を行った事による勃起障害はみられませんでした。一方で30%には逆行性射精(射精の際、精液が膀胱側に流れる症状)がみられました。

Q5.入院・手術費用はいくら位かかりますか?
A5.保険適用ですので、3割負担の方で約12万円程度です。
  詳しくは受診時にお尋ねください。

泌尿器科は本院です

泌尿器科の外来担当医表はこらちをご覧ください。

※初診の方で他の医療機関からの紹介状をお持ちでない場合は、保険診療のご負担とは別に「保険外併用療養費(選定療養)」として3,240円(税8%込)をお支払い頂きます。ご了承ください。