HOME > 診療科/部門 > 泌尿器科 > 泌尿器科について

泌尿器科泌尿器科について

主な症状・病名

泌尿器科は、副腎、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道、陰茎、陰嚢(精巣、精巣上体)の病気を担当しています。それらの病気で認める症状は多岐にわたります。高血圧、肥満、血尿、側腹部痛、下腹部痛、排尿時痛、排尿困難、頻尿、残尿感、尿閉(尿が出ない)、尿漏れ、性機能障害、陰部痛などなどです。

泌尿器科で扱う主な疾患
・ 副腎腫瘍、腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍、膀胱腫瘍、前立腺腫瘍、精巣腫瘍などの尿路腫瘍

・ 前立腺肥大症、神経因性膀胱などの下部尿路通過障害

・ 腎尿管結石、膀胱結石などの尿路結石症

・ 膀胱炎などの尿路感染症

主な診療内容

・外来で、丁寧な問診および検査を行い、診断・治療を行います。
 
・超音波検査・CT・MRI検査などで腫瘍や結石の診断を行います。

・尿流動体検査などで排尿障害の診断を行います。

・前立腺生検など入院が必要な検査もあります。

・手術が必要な腫瘍や結石に対しては入院のうえ、手術を行います。

※小さな腎腫瘍に対しては腹腔鏡手術を導入しています。腎・尿管結石に対してはレーザーおよび尿管鏡を用いた経尿道的尿管砕石術(TUL)を行っています。軟らかい軟性尿管鏡も使用して腎臓内の結石も破砕しています。体に与える影響の少ない手術方法を導入し、短期間で退院できるように心かげています。

部長からのメッセージ

部長 村田 明弘

泌尿器科を受診する患者さん皆さんに納得がいくように診療を行っています。また地域総合病院のメリットである他科との迅速かつ密接な関係も保たれており、必要であれば他科とも迅速に連携して必要な診療を行っています。今後とも杉並区および周辺地域での泌尿器科診療の中心となって貢献していきたいと考えております。