HOME > 診療科/部門 > 皮膚科 > 皮膚科について

皮膚科フットケア外来

フットケア外来について

症状・病名

糖尿病など疾患のある方の
・糖尿病性足病変(壊疽・潰瘍・末梢神経障害・筋萎縮)
・爪のトラブル(陥入爪・爪白癬・肥厚爪・巻爪)
・皮膚のトラブル(胼胝[タコ]・鶏眼[ウオノメ]・疣贅[イボ]・足白癬[水虫]・皮膚炎)
・足の変形(外反母趾・扁平足・凹足・短趾症などの、足部・足趾の変形)
・その他(腫瘍・炎症・痛み・しびれ・感染症)

 

主な手術

腫瘍等、異物の摘出術・切除術  デブリ―ドマン 陥入爪根治術、爪甲除去術 四肢切断術 皮弁形成術 下肢静脈瘤手術 拘縮形成術 植皮術 切開排膿術 腱切除・剥離術 など

診療・治療

血流評価、血行再建、手術から装具作成まで、下肢(足)救済に関するすべての治療を行います。

○ 動脈疾患に関して
分院の末梢動脈外来と連携を取って行っています。
○ 手術
適応に応じて痛みを最小限に抑えた局所麻酔を行います。
○ フットケア
潰瘍(キズ)の予防の為、胼胝(タコ)などを繰り返す方やご自身で処置できない方には認定資格を持った看護師がフットケア(タコ削り、スキンケア、爪のケア)を行います。
○ 装具療法
潰瘍(キズ)の再発や胼胝(タコ)の発生予防の為、患者さん1人1人の足の形や筋骨格の動きに合わせた装具作成を行っております。
○ 医療連携・協力
当外来は足の様々な病気に対応すべく、専門外来 機能を持つ医療機関と連携をとり、適切で 効率の良い治療を心がけております。

※末梢血管外来と連携して、患者さん・医療関係者・職員それぞれに向けた公開講座を行っています。

担当医師からのメッセージ

我が国では、従来より、「足を大切にする意識が低い」という文化的背景があるようです。健やかに人生を送る上で、「自分の足で歩く」ということは基本的でとても大切な要素なのではないでしょうか。
糖尿病や透析患者さんでは、靴擦れや爪白癬、ちょっとしたキズを悪化させてしまうことが下肢切断の誘因になります。
糖尿病、透析などのリスクをお持ちの方、足に傷のある方は、遠慮なく早めに専門外来を受診するようにしてください。適切なフットケアで下肢切断は予防できます。
患者さんとのコミュニケーションを大切にし、足のトラブルに信頼出来る医療でお応えしていきたいと考えております。
※患者さんへの情報発信「Act Against Amputation-なくそう下肢切断-」の活動に参加しています。

== フットケア外来 ====
診察日時: 火曜日・金曜日
診察場所: 河北サテライトクリニック 5階 皮膚科/フットケア外来
====================