HOME > 診療科/部門 > 皮膚科 > 皮膚科について

皮膚科皮膚科について

主な症状・病名

皮膚科の疾患には非常にたくさんの種類があります。
具体的な症状としましては、皮膚の赤み、かゆみ、痛み、皮膚のしこり、できもの、皮膚の色調の変化、脱毛、爪の異常などがあります。

対象となる疾患
 ・湿疹、接触皮膚炎(かぶれ)、手湿疹、アトピー性皮膚炎、じんま疹、薬疹
 ・虫刺症、疥癬
 ・足白癬(みずむし)、爪白癬、せつ、丹毒、蜂窩織炎、ざ瘡(にきび)、伝染性膿痂疹(とびひ)
 ・鶏眼(うおのめ)、胼胝(たこ)、陥入爪(巻き爪)
 ・円形脱毛症、男性型脱毛症
 ・帯状疱疹、水痘、単純ヘルペス、麻疹、風疹、尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)、伝染性軟属腫(みずいぼ)
 ・熱傷、褥瘡、皮膚の潰瘍、壊疽
 ・脂肪腫、粉瘤、皮膚癌
 ・水疱症、膠原病

主な診療内容

・皮膚科医常勤3人、非常勤1人が外来診療を行い診断します。必要に応じて 血液尿検査や食物・植物・金属などのアレルギー検査、皮膚悪性腫瘍のダーモスコピーによる診断、局所麻酔下に皮膚を採って調べる皮膚生検なども行います。

・治療は外用薬やかゆみ止めなどの内服のほか、熱傷や皮膚潰瘍の処置、良性・悪性の皮膚腫瘍の手術などを広く行っています。

・外来診療が中心となりますが、手術入院のほか、重症の帯状疱疹、蜂窩織炎、皮膚潰瘍など入院を必要とする患者さんも受け入れています。

・循環器内科、整形外科とともに糖尿病性壊疽などの患者さんを対象に、フットケア外来があります。足は自分の体重を一生支え、日常生活を維持する上で非常に大切な器官です。そのため、近年、フットケアの重要性は各方面から広く認識されつつあります。自分の足で健康的に歩き続けられるよう、最大限のサポートをさせていただきます。

部長からのメッセージ

紫外線治療(ナローバンドUVB光治療)機器

アトピー性皮膚炎、脱毛症、皮膚科全般が専門です。皮膚科の疾患には非常にたくさんの種類があります。通常の皮膚科診療に加えて、熱傷や皮膚潰瘍の処置、良性・悪性の皮膚腫瘍の手術などを広く行っています。難治なアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性白斑などに紫外線療法(ナローバンドUVB光治療)を導入しております。また、尋常性乾癬に対しては必要に応じて、生物学的製剤の導入をおこなっていきます。

皮膚科部長 甲斐 浩通

外来治療だけでなく、手術入院のほか、重症の帯状疱疹、蜂窩織炎、褥瘡、薬疹、水疱症、熱傷、皮膚潰瘍など入院を必要とする患者さんも受け入れています。さらに他科との連携を密にし、今後も総合病院の皮膚科として地域医療に役立つ診療を目指して行きます。よろしくお願いいたします。