HOME > 診療科/部門 > 栄養科 > 栄養科について

栄養科栄養科について

栄養科の主な役割

栄養科の役割は
①病気の治療や改善、健康維持に配慮した安全で衛生を管理された美味しい食事を提供すること

②栄養・食事指導として、食品を通して栄養素の組み合わせや食事方法、調理方法を説明すること

③医療チームの一員として、治療効果が得られるように患者さんの栄養状態を確認し、食事調整や栄養補助食品を提案する

など、栄養面でのサポートをすることです。
食事は限られた中ではありますが、療養の支えとなるよう患者さんの要望に可能な限りお応えできるように、調理スタッフと共に努力しています。毎月様々な行事食を用意し、朝食はパンとご飯を選べるようにしたり、週に2回は麺類をお出ししています。出産後の方にはお祝膳のご用意とティータイムのサービスがあります。

栄養・食事指導は、入院・外来・在宅において主にエネルギーや食塩、脂質、たんぱく質コントロールに関して実施していますが、飲み込みが上手くいかなくなった方への料理方法もご説明致します。地域の方へは個人相談を受けられる仕組みであったり、様々な河北健康教室の開催がありますので、ぜひご利用ください。

科長からのメッセージ

武田

私たちは、出来る限り多くの入院患者さんとお会いできるようベッドサイド訪問を積極的に行っています。入院中の食事説明をはじめ食事内容や形態、食物アレルギーへの対応を確認させて頂いたり、ご質問にお答えします。

また栄養サポートチーム、褥瘡チーム、呼吸ケアチーム、緩和ケアチーム他や各病棟のカンファレンスに参加しスタッフと連携し、患者さん一人一人の療養を、食事サービスと栄養ケアの両面から支えていきたいと思っています。