社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 河北リハビリテーション病院 > 総合防災訓練の様子

河北リハビリテーション病院総合防災訓練の様子

2013-12-02

総合防災訓練の様子

11月26日、河北リハビリテーション病院で総合防災訓練が行われました。今回はその様子をご覧頂こうと思います。
 今回の訓練は都合48名が参加し、夜間や深夜などに直下型地震が発生した後、さらに院内の複数個所で出火したことを想定して行われました。

災害対策本部を事務所に設置。本部長、本部長代行が集合しました。(これは訓練です)
 
これは火元です。訓練参加者はどこが火元か知らされていません。
 
災害時復旧優先電話の接続を警備員が確認中です。
 
病棟から災害対策本部に報告が入ります。(これは訓練です)
 
防煙シャッターが下りました。写っている人は訓練の評価者・指導員です。
 
おちついて、あわてちゃだめよ。
 
終了後、反省会をおこないました。
 

以上、今回はおよそ2時間にわたって訓練を行いました。
今回は深夜の時間帯での地震と火災がテーマでしたが、今後も多様なシナリオ設定で訓練の機会を設けてゆきたいと考えております。
次回の訓練は、春の新入職員オリエンテーションの時に実施する予定です。