社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 河北リハビリテーション病院 > 河北リハビリテーション病院について

河北リハビリテーション病院河北リハビリテーション病院について

当院の特徴

私たちは質の高いリハビリテーションを提供するために、次のような様々な工夫をしております。 しかしながら、最高の効果を生み出すためには患者さん・御家族の協力が不可欠です。当院の特徴を踏まえ、治療に積極的に御参加していただき、より充実した入院生活をお過ごしください。

ゆとりあるスペース

当院では「病院らしくない病院」をコンセプトに建物を設計しております。これは、リハビリテーション施設が「新しい生活」を見据えながらも、その空間自体が「生活の場」であるべきという発想に基づくものです。従って、空間の随所に「ゆとり」や「癒し」につながる工夫をしております。また、患者さんやご家族に少しでも親しみを感じてもらい、より大きなリハビリテーション効果を引き出せる関係性を作れるよう配慮しています。

手厚い人員配置リハビリテーション・ケアの質を高める

重要な要素の一つは、患者さん1人あたりに配置する専門職の人数です。 当院では、法律で定められた基準人員をはるかに上回り、各病棟に以下の専門職を配置することで、患者さんの治療計画の個別性に柔軟に対応することを目指しています。

 

※急変時の対応も万全です
患者さんが急変した場合、当院関連施設の「河北総合病院 救急医療センター」へ搬送し、迅速に対応します。また、当院への転院前にご入院されていた病院にご相談や転院も可能です。

多様な専門職種によるチーム・アプローチ

当院では、多様な専門職種が退院に向けて様々な角度から「患者さんに必要な支援」を検討し、一つのゴールを共有して綿密なコミュニケーションを通じたリハビリテーション総合実施計画書を立案・実施しています。
患者さん一人一人が個別の事情をお持ちであることを踏まえ、画一的なプランを押し付けることなく、患者さん御本人や御家族等の関係者の意見も十分に取り入れた上で、施設として最高の選択を適宜行ってまいります。


【365日 リハビリテーションを実施しています】

家庭復帰・社会復帰を目標として、リハビリ専門医や担当医の指示のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による専門的なリハビリテーションを受けることが出来ます。


【高次脳機能障害や認知症のリハビリを行っています】

復帰に向けて、専門機関への橋渡しもいたします。杉並区の「高次脳機能障害関係機関連絡会運営委員会」の活動を通して、地域連携も充実しております。(高次脳機能障害:脳の障害による後遺症)

【飲込みが悪く、むせる方などの「嚥下リハビリ」を積極的に行っています】

リハビリ科専門医による嚥下造影検査を実施し、食事形態を工夫しながら患者さんに合った適切な食事環境を見つけていきます。また、摂食・嚥下障害認定看護師も在籍しており、専門的な看護も提供しています。

継続的なリハビリテーションに必要な地域連携

リハビリテーションの期間は、概して1年~3年に及ぶことがあります。
当院の役割は、その間の数ヶ月、集中的に専門家の指導・支援が必要な「回復期」のリハビリテーションを提供することです。


【退院後も安心していただける体制が整っています】

退院後も当院でリハビリを継続することが出来ます。当院では「家庭医療学センター(訪問診療・訪問リハビリなど)」「介護老人保健施設」「河北総合病院 救急医療センター」を関連施設に持ち、退院後の患者さんの状況に応じて活用することができます。

【看護師と介護士で入院生活のお世話と日常生活の自立を支えます】

患者さんがリハビリで習得したことを日常生活に活かしていけるよう、お手伝いしています。

在宅への高い退院率

当院へは毎年約600人の患者さんが新たに入院されています。残念ながら、河北リハビリテーション病院に入院しても全ての方々が発症前のような心身状態に回復できるわけではありません。患者さん御本人の回復度合いと共に、住み慣れた御自宅の環境や諸条件を整備することも非常に重要です。

我々は、退院後の生活を支える御家族と入念に話し合い、御本人は勿論、御家族や地域の特性にあった制度の利用をお薦めすると共に、入院中に御自宅へ訪問することにより、家屋改修や介助機器の選定についてもアドバイスさせて頂いております。その結果、70%~80%の方々が退院後の「新たな生活」を住み慣れた御自宅で過ごされています。