社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 河北リハビリテーション病院 > ご挨拶

河北リハビリテーション病院ご挨拶

障害をもたれた患者さんが、再び活き活きとした生活ができるように

院長 河面 吉彦

「これからどうしよう・・・」脳卒中あるいは様々な疾患で障害を持たれた方ご自身とご家族の方の不安は急性期の治療が終わっても止むことはありません。

私たちはリハビリテーション治療で機能回復を目指すことは勿論ですが、患者さんご本人とご家族の様々な不安をできるだけ解消し、患者さんがこの病院で新たな出発ができるよう、いっしょになって日々努力をしております。

当院の施設・人員数は都内でも有数の規模であり、医師・看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー等経験を積んだスタッフが地域の患者さんの治療および、退院に向けたお世話をさせていただいております。

近年科学的根拠にもとづく治療ということが言われておりますが、リハビリテーション治療の科学的根拠はいまだ十分には確立されていないのが現状です。

その理由として脳卒中の方は脳の損傷部位、損傷の程度のちがいなどでみなさん障害が異なります。一人一人の患者さんに合った治療が必要となります。 人間の未知なる脳のしくみ、脳の損傷後の回復のしくみは現代の科学をもってしてもまだまだ十分には解明されておりません。それゆえ経験に頼らざるを得ないところも多いのですが、大学等の研究機関とも連携しリハビリテーション治療の科学的根拠を構築し、治療に生かして行きたいと思います。

杉並を中心とした地域で急性期治療を担う河北総合病院は同じ法人であり、当院入院中に急性期治療が必要となった場合は河北総合病院、あるいは紹介元の医療機関と連携した治療を行っており、安心してリハビリテーション治療に専念していただけます。 

私たちは、この地域で障害をもたれた患者さんが当院で治療されたのち、再び活き活きとした生活ができるよう、質の高いリハビリテーション医療を提供すべく努力していきます。