HOME > 入院・面会のご案内 > 転倒・転落予防対策

入院・面会のご案内転倒・転落予防対策

安全な入院生活のための転倒・転落予防対策

入院中は、体を動かす機会が少なくなり、体力や運動機能が低下します。ご自身では「できる」と思っていても、足腰の筋力が落ちていたり、治療や検査で体力が消耗していて、体が思うように動かないことがあります。
また、住み慣れたご自宅とは異なる環境なので転倒・転落(転んだり、ベッドから落ちるなど)を起こしやすく、骨折や頭部外傷などの大きな事故になることもあります。

入院中の転倒・転落予防のために

1. 服装と靴

服装と靴
  1. 服は、サイズの合った動きやすいものを選びましょう。
  2. 靴は、自分の足のサイズに合った、かかとのあるものを選びましょう。かかとがないスリッパやサンダルは、思わぬところで脱げたりつまずいたりします。滑らない、突っかからない靴を履きましょう。
  3. 歩行はゆっくりと。また急な方向転換は、バランスを崩し危険です。

2. 睡眠剤、鎮痛剤、血圧に変化が起こる薬

睡眠剤、鎮痛剤、血圧に変化が起こる薬

薬の種類によっては、足元に力が入らなくなったり、血圧が下がってふらつく場合があります。薬について不明な点は、医師、薬剤師、看護師におたずねください。薬のことを理解して服用しましょう。

3. 補助具

補助具

ベッドの高さ調整、車椅子、歩行器、杖などの補助具は、正しく使用しないと、転倒の原因となります。使用方法や注意点などは、看護師までおたずねください。

4. 点滴スタンド、床頭台、オーバーテーブルなど

点滴スタンド、床頭台、オーバーテーブルなど

下にキャスターのついたものは、非常に不安定です。体重をかけたり、杖のかわりには使用しないでください。また点滴スタンドは背が高く、通路の段差などで倒れたり、カーテンに引っかかる場合があります。点滴をしながら歩行する時は、充分にご注意ください。

転倒、転落の危険性がある場合

転倒や転落の危険性が高いと判断される場合には、患者さんのために離床センサー(患者さんが起き上がったり、立ち上がると反応するもの)などを使わせていただく場合があります。患者さんの安全のため、ご理解とご協力をお願いいたします。