HOME > 診療科/部門 > 心のケアセンター

心のケアセンターつくしんぼ

集団家族療法「つくしんぼ」とは

「つくしんぼ」とは、月1回、児童期思春期疾患や問題を抱える子供の家族が集まって話をする集団家族療法の名称です。カウンセラーには、当財団顧問として、また国立病院東京医療センターにて精神科看護師長として、摂食障害治療の現場に長く携わり、「最新版 拒食症・過食症の治し方がわかる本(主婦と生活社)」の著者である濱中禎子先生をお迎えしています。濱中先生の他、当院の心療科部長である大地医師、看護師、アドバイザー(症状が回復傾向にある子供の家族)も参加します。経験・知識の豊富なメンバーと本音で話し合い、つらい過去から脱出した家族の生の声を聴くことで、参加者同士が共感し合ったり、学びあったりする人間関係を築くことが出来ます。それによって家族の心の負担を減らし、子供に対する対応が変化することで、子供たちが回復に向かうことを目的としています。

参加の流れ

「つくしんぼ」への参加をご希望の方は、お電話にてお申込みをしていただきます。
患者さんがどのような状態であるのかを判断するため、大地医師の外来を受診していただきます。次に個別のオリエンテーションを行い、集団家族療法についてのご説明、ご質問にお答えいたします。その後「つくしんぼ」への参加となります。月1~2度カウンセリング(自費)を並行して行います。

参加費

1回 3,000円

開催予定スケジュール

毎月第3水曜日(祝日の場合はその前日)14時から行います。

<2017年>

 第64回 1月18日(水)14:00~

 第65回 2月15日(水)14:00~

 第66回 3月15日(水)14:00~

 第67回 4月19日(水)14:00~

 第68回 5月17日(水)14:00~

 第69回 6月21日(水)14:00~

 第70回 7月19日(水)14:00~

 第71回 8月16日(水)14:00~

 第72回 9月20日(水)14:00~

 第73回 10月18日(月)14:00~

 第74回 11月15日(水)14:00~

 第75回 12月20日(水)14:00~

また毎年6月には長野県蓼科にて1泊研修もございます。