HOME > 財団について > 河北医療財団のご紹介 > 歩みと主なできごと

財団について歩みと主なできごと

1928年開設

河北病院開設から病院としての基盤造り

河北病院として、河北真太郎が30床の内科、小児科病院を開設、約20年の期間で診療科及び病床を地域と社会の状況に合わせ整備
1928年 内科・小児科の病院として開設、その後20年の間に産婦人科、耳鼻咽喉科、外科、放射線科、皮膚泌尿器科、眼科を開設し、臨床検査室の設置を行う
1948年 インターン教育研修開始
1949年
講堂、図書室、医局、インターン宿舎を設置

1950年代

病院から組織としての病院、医療法人へ改組、地域の財産へ

医療法人制度発足とともに、医療法人財団河北病院に改組し、職員数106名、許可病床161床の寄附行為による法人格をもった病院となる
1950年 医療法人財団の認可を得、病院開設者・河北真太郎理事長を就任
1953年
真太郎逝去の後、河北恵文、理事長を引き継ぐ。(写真:恵文)
1956年 整形外科、理学療法科を開設し、翌年総合病院の認可を取得
1959年 健康管理のための人間ドック開始

1960年代

4期計画の2期計画、施設の拡充と新たな法人格の取得

病院機能の充実のための拡張工事を行いながら、一般病床を増床し310床職員数262名の病院に発展、当時の大蔵省の認可である特定医療法人格を取得
1962年 麻酔科開設、外来患者数1日平均679名
1965年 第2期工事完成、許可病床310床、特定医療法人となる

1970年代

診療、診断機能の向上のため最新機器の整備を行う

看護婦教育、育成の為に附属看護学院開設、財団の名称を現在の医療法人財団河北総合病院に変更
1971年 人工透析室の運営開始、X線テレビ室を新設、高等看護学院開設
1974年 第4期工事完了、翌年結核病棟閉鎖により一般357床となる
1978年 財団の名称を医療法人財団河北総合病院に変更

1980年代

閉鎖的な医療を開かれた医療に、広報活動の開始、質の向上を目指し臨床研修病院の指定を受ける

河北総合病院の理念、目的をはじめ地域医療に対する考えを知ってもらう為に広報活動を開始、診療、診断機能向上のため、最新の診断機器の導入及び患者サービスの一環としての待ち時間対策に着手、待ち時間の短縮を図る。病院と診療所の連携システムを厚生省研究事業として実施
1980年 西館新築完成、人工透析を独立した診療所として開設、看護専門学校と改称
1981年 往診をシステム化した在宅患者サービス(T,H,H,S) を開始
1982年 広報紙「かわぴたる」創刊
1983年 全身用CT業務開始、院外処方箋発行に切り替え
1985年 外来診療費口座振替制度導入
1986年 杉並地域医療システムズ(SRHS)スタート、第1回院内見学ツアー実施
1988年 三代目理事長就任、臨床研修病院の指定を受ける

1990年代

地域の急性期病院としての施設整備、予防医学の対応を図る

人口50万人の杉並区における医療機関の実情を把握し、杉並区において、予防医学から、在宅医療まで完結できる施設整備及び近代化に着手。国際規格のマネジメントシステム認証などを取得し、患者の安全についてもマネジメントシステムを構築する。
1990年 健診センター移転
1992年
MRI、DSA等高度診断機器を導入、透析センター移転
1993年 医療施設近代化施設整備事業補助金の申請
1994年 河北杉並訪問看護ステーション開設、在宅介護支援センター開所
1995年 日本医療機能評価機構サーベイヤー研修実習病院に認定
1996年 心臓血管撮影装置導入
1997年 人工授精スタート
1998年 環境マネジメントシステムISO14001認証取得(2006年3月更新終了)、(財)医療機能評価機構認定取得、医療施設近代化事業完了
1999年 メディカル・リスク・マネジメントシステム構築

2000年代

杉並区の救命救急医療から在宅医療までをより充実させるための施設整備を開始、患者さんのプライバシーはもとより、個人情報保護方針を宣言し、個人の意思を尊重する医療を展開
2000年 長野県蓼科に宿泊研修施設「N.K.Farm」オープン
2001年
リハビリテーション病院開設
2003年 オーダリングシステム稼動、プライバシーマーク認証取得、東京都CCUネットワークへ参画、東京消防庁より救急救命士再教育実施医療機関の指定
2004年
分院、クリニック開設、外来電子カルテ稼働、杉並区の救命救急センターとしての機能整備開始、介護老人保健施設シーダ・ウォーク開設
2005年 医療法人初の社債発行、1.5テスラMRI・16列マルチスライスCT導入、救急医療センター(ER)・本館1階HCU・本館2階ICU稼動開始
2006年 地域医療支援病院承認(本院)、東京・杉並家庭医療学センターオープン、健康図書室オープン、一般病棟入院基本料(7:1入院基本料)届出、(財)日本医療機能評価機構リハビリ付加機能認定(リハビリテーション病院)
2007年 入院電子カルテ稼動開始、日本がん治療認定機構認定研修施設認定、東京都看護職員地域就業支援病院指定
2008年 KES(環境マネジメントシステムスタンダード)ステップ2登録、心臓病センター・脳卒中センターオープン、産婦人科病棟リニューアル
2009年 産科医療補償制度加盟(本院)、(財)日本医療機能評価機構病院機能評価更新審査認定(2回目)(本院)、インドネシア人看護師候補生受入れ、(財)日本医療機能評価機構病院機能評価更新審査認定(リハビリテーション病院)、東京都脳卒中急性期医療機関認定(本院)、陰圧室設置(救急外来) 、こども医療センター開設、第1回病院学会~地域の人と考える~around杉並健康ライフ2009(杉並区後援・於:セシオン杉並)開催、厚生労働省(大臣・政務官)病院視察
2010年 日本救急医学会救急科専門医指定施設認定(本院)、合同慰霊祭(於:神明宮)、健康生活支援室スタート、リウマチ・関節センターオープン、日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設承認(本院)、法人格「社会医療法人河北医療財団」に変更、第2回病院学会around杉並健康ライフ2010(杉並区後援)開催
2011年 「心のケアセンター」始動、東日本大震災復興支援(女川町立病院への医療救助隊派遣)第1回~第4回、プライバシーマーク更新審査、看護専門学校創立40周年記念式典、心のケアセンター集団家族療法「第1回つくしんぼ」実施、河北プラチナカード発行、第3回病院学会around杉並健康ライフ2011(杉並区後援)開催、GD-0事務棟完成
2012年 東京マラソンチャリティ出走、専門看護師(がん看護専門看護師、急性・重症患者看護専門看護師)誕生、インドネシア看護師候補生看護国家試験合格、東京都大腸がん診療連携協力病院(河北総合病院)、リウマチ・関節センター名称をリウマチ・関節・膠原病センターに変更、初期臨床研修家庭医療科コース新設、日本政策投資銀行「DBJビジョナリーホスピタル」認定、健診センターfacebook発信開始、心のケアセンター第1回一泊研修会実施、ICTラウンド環境チェック実施開始、HMS会員制発展的解散、第4回病院学会around杉並健康ライフ2012(杉並区後援・於:阿佐谷地域区民センター)開催、GD(グランドデザイン)推進チーム発足、オープンディスカッション「思考倶楽部」開始、ケア24阿佐谷ならびに河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷が在宅ケアセンターへ移転、賞与評価制度導入開始
2013年 地域清掃ボランティア(職員)開始、河北リハビリテーション病院The Rehabilitation Hospital or the Pacific (ホノルル)と提携、東京マラソンチャリティ出走、河北医療財団ホームページリニューアル、日本医療マネジメント学会第13回東京支部学術集会、事務部門をセンターフロントライン(前線)とバックオフィス(基盤)とに組織改正、地域医療推進部開設、河北救急車稼働開始、河北総合病院64列128スライスCT導入、前田病院から河北前田病院に改称、無菌治療室(分院2階)稼働開始、金融コンシェルジュ(FP協会)実施、小児専用病棟(東館4F)運用開始、プライバシーマーク登録更新、マタニティー・レディース スクエア開設、夜間緊急入院病床(8床)運用開始、小児救急ホットラインを小児入院相談専用ライン(開業医向け)として発展運用開始、ICU(特定集中治療室)4床から6床に増床、アメリカ心臓病学会(AHA)・カテーテル心血管治療学会(TCT)に治療成績が採択(循環器科)、第5回病院学会around杉並健康ライフ2013(杉並区後援・於:阿佐谷地域区民センター)開催、「すぎなみフェスタ」協賛応援、分院にて日本フィルハーモニーオーケストラ四重奏コンサート開催
2014年 まちづくり団体「阿佐ヶ谷駅北東地区を考える会」設立、東京マラソンチャリティ出走、健診センター MRI・CT導入、東京杉並家庭医療学センター名称変更 新名称:河北家庭医療学センター、A棟・D棟完成(本院)、内視鏡検査室増設(本院)、電子カルテシステムバージョンアップ[GX](本院・分院・サテライトクリニック)、健診センター リニューアルオープン、N.K.Farm全天候型馬場竣工、大腸内視鏡検査機器増設(本院)、自家発電式空調機器稼働開始(リハビリテーション病院)、入退院支援センター開設(本院)、オレンジバルーンフェスタ2014参加(家庭医療学センター)、介護保険訪問リハビリ本格的開始(サテライト クリニック)、健診メニューリニューアル:カウンセリングルーム・レディースデイ等導入(健診センター)、スタッフ相談室リニューアル 新)相談室ソレイユ(心のケアセンター)、電子カルテシステムリプレイス:GX稼働開始(リハビリテーション病院)、物品管理システム導入(本院・分院・サテライト クリニック)、河北の将来を考える~中期ビジョン策定検討会[於:コングレスクエア中野]、外科各種専門外来(直腸肛門外来・そけいヘルニア外来・水頭症外来)開設(本院)、公益財団法人日本医療機能評価機構病院機能評価認定更新(本院)
2015年 本院 新館4階病棟25床(小児科)の新設、本院 東館4階病棟(外科系混合)の稼働、分院 小児科診察室増設、N.K.Farmで治療的乗馬を開始、本院 前立腺肥大症治療レーザー装置【グリーンライトレーザー】を都内城西地区初導入、杉並救急業務連絡協議会より表彰、杉並区産後ケア事業へ参画、東京都在宅療養児一時入院(レスパイト)へ参画、第二カテーテル室新設、本院、分院の標榜科目を変更(本院31科、分院19科へ)、第7回around杉並健康ライフ2015開催(於:阿佐谷地域区民センター)、河北総合病院 病診連携会、本院 本館2階病棟ICUをHCUへ転換、KES(環境マネジメントシステム)スタンダードステップ2更新登録、東京マラソン2016 チャリティーランナー出走
2016年 環境MGMT委員会「環境人づくり企業大賞2015」環境大臣賞受賞、シーダ・ウォーク アニマルセラピー開始、本院 小児科診察室増設、家庭医療学センター 禁煙外来開始、看護部 看護師臨地実習受入拡大(東京医科大学 医学部看護学科)、第8回around杉並健康ライフ2016開催、河北バス 運行開始、家庭医療学センター訪問看護・リハビリステーション阿佐谷 新入力システムおよびタブレット端末導入、財団医療法人財団 天翁会と統合合併、天本病院 電子カルテ稼働開始、KES(環境マネジメントシステム)スタンダードステップ2更新登録、新宿ハーフマラソン2017 チャリティーランナー出走、家庭医療学センター KHCネットを利用した「訪問診療時における電子カルテのモバイル化」実施、杉並家庭医療学センターおよびケア24阿佐ヶ谷 杉樹ビルへ移転、天本病院病院機能評価受審