HOME > 医療関係者の方へ > 臨床研修コーナー > 家庭医療科専門医コース

臨床研修コーナー家庭医療科専門医コース

 

研修期間 3年・4年

応募方法・応募書類はこちら

研修プログラムの紹介

プログラム責任者からのコメント

急性期総合病院(河北総合病院)、診療所(河北サテライトクリニック)、そして外部研修(総合診療科、緩和ケア研修など)の研修を通じて、地域で活躍できる「家庭医」に必要な総合力を養います。研修修了時には、日本プライマリ・ケア連合学会認定の「家庭医療専門医」取得資格を得ることを目標とします。

(日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療専門医受験資格条件)
 日本プライマリ・ケア連合学会認定後期研修プログラムを修了しており、かつ、学会の専門医の認定審査に合格した者とする。専門医の認定審査は後期研修中に作成したポートフォリオならびに臨床能力評価試験(Clinical Skills Assessment)および論述試験(Modified Essay Question)によって行う。


家庭医療学センター センター長 一戸 由美子

概要

日本プライマリ・ケア連合学会の提示する家庭医療学研修カリキュラムに沿ったプログラム構築を基本とし、また、英国家庭医療学会( Royal College of General Practitioner)の基本理念、教育方法、評価方法を導入し、より質の高いGlobal Standardな後期研修プログラムを目指している。

募集人数

3年コース:2名 卒後臨床研修修了者もしくは修了見込み者、または同等以上の臨床研修経験を有し、総合診療・家庭医専門医を目指す医師

4年コース:2名 卒後臨床研修修了者もしくは修了見込み者

研修期間

3年または4年

実績

 

一般目標(General Instruction Objective: GIO)

家庭医療の専門性について理解し、家庭医療が社会の中で果たす役割を考え、家庭医としてプラクティスするために必要な知識・技術・態度・価値観を習得する。家庭医療の質の向上をはかり、患者の“生活の質”の向上、そして“地域の社会的健康度”の向上に貢献する。

行動目標(Structural Behavior Objectives: SBOs)

1. 家庭医療の専門性(患者中心の医療、家族志向型のケア、地域包括プライマリ・ケア)を理解し実践できる。

2. クリニック外来診療 (系統的な医療面接・身体診察方法を修得し、Common Problem/Diseaseに的確に対応する臨床能力を身につける)

3. 病診連携 (各科専門医の専門性を理解・尊重し、連携体制のもとで患者の診療にあたることができる)

4. 訪問診療・在宅医療 (患者とその家族のニーズに対して,効果的・効率的な医療支援を行う)

5. 在宅緩和ケア/ターミナルケア (死に逝く患者とその家族に対して、身体的・精神的・社会的・経済的にケアマネジメントを実践できる)

6. 救急医療 (Basic/Advanced Life Supportが実践できるようなる。ICLS :Immediate Cardiac Life SupportとPALS : Paediatric Advanced Life Support修了レベルを目指す)

7. 家族ケア (Family-Oriented Careの概念、アプローチ法、スキルについて学習・習得する)

8. 地域医療(地域の医療福祉資源を把握し活用できる。また、地域の疾病予防・健康増進活動に参画することができる)

9. EBMとNBM(EBM :Evidence-Based MedicineとNBM :Narrative-Based Medicineに基づいた解決方法を理解し、日常診療の場で実践できる)

10. 医療倫理(医療倫理の知識を習得し、それに基づいて自らの行動規範を考える。Informed Consentを実践できる)

11. Clinical Audit/Clinical Research(医療・患者ケアの質を分析・研究・評価し、改善につなげることができる)

12. 臨床教育と指導(臨床教育の意義を理解し、研修指導に必要な知識・技術・態度を習得し実践できる)

経験目標 ※学年別(卒後3年目~研修期間修了まで)

 

方略(Learning Strategies: LS)

日本プライマリ・ケア連合学会プログラム運営・FD委員会発行の研修医手帳に基づいた研修を行う。研修開始時に目標(アウトカム)とそのために必要と考える研修課題を記入して研修を開始する。研修Ⅰ、2年目に研修の振返りの記録を中間報告として学会に提出する。研修修了時に研修手帳を修了時報告として学会に提出する。

【1年目】
(家庭医に必要な専門科を、各科の研修責任者と指導医のもとでローテーションする。週に半日の診療所研修(Half-day back)では、家庭医療科の指導医とともに外来診療・訪問診療にあたり、レジデントカンファレンス・ミニレクチャー・勉強会などの学習プログラムに参加する。

【2年目】
内科や総合診療科での病棟研修に引き続き、家庭医指導医のもとで診療所をベースとして臨床研修を行う。後輩レジデントの指導に関わるとともに、学会活動を行い、家庭医に必要なコアカリキュラムを履修する。
家庭医療専門医に必要なコア学習のためのポートフォリオ作成を行う。

【3年目&4年目】
家庭医指導医のもとで診療所をベースとして臨床研修を行う。研修指導、診療所運営への参加、地域住民への健康増進活動、クリニカルリサーチを行い、家庭医に必要なコアカリキュラムを履修しながら、ポートフォリオ作成を完成させる。

評価(Evaluation: EV)

(1) Formative Evaluation(形成的評価)
 ・毎月1回、研修の振返りを指導医とともに行い、研修医手帳に記載する。
 ・各科研修修了時に360度評価シートを用い、各科指導医、看護部からの形成的評価を行う。
 ・3〜6ヶ月に一度、研修到達に関する自己評価を行い、指導医からのフィードバックを受ける。

(2) Summative Evaluation(総括的評価)
 ・後期レジデント研修修了時に、①各研修の形成的評価・360度評価、②ポートフォリオ事例報告、③研修目標の到達度、④学会発表/Clinical Audit/Clinical Researchの4つのコンポーネントを基に評価され,家庭医療専門医コースの修了認定が判定される。

(3) 研修プログラム評価:研修目標の設定、研修カリキュラム、研修方法、指導医について内部(研修医)と外部(関連学会や他研修施設)からの検証・評価を得る。

スケジュール 3年コース

 

【特色】
 ・「家庭医療専門医」取得のためのベーシックな研修プログラム
 ・クリニック研修16ヶ月、総合診療科6ヶ月、内科6ヶ月、ER3ヶ月、小児科3ヶ月、緩和ケア研修2ヶ月

スケジュール 4年コース

 

【特色】
 ・初期臨床研修(2年間)を修了した医師のための「家庭医療専門医」取得のための研修プログラム
 ・初期臨床研修期間のみでは、十分でない内科領域の力を養うために、内科1年間の研修を含んでいる
 ・クリニック研修22ヶ月とじっくりとクリニックでの臨床実践、研修をうけることができる

研修責任者および指導医

【研修責任者】
一戸 由美子
General Medical Council Registered Doctor (UK)
The Department of Postgraduate Medical Education and Training for General Practice (London Deanery) 認定研修医
日本家庭医療学会指導医、日本在宅医学会 在宅医療専門医・幹事、日本緩和医療学会 暫定指導医、日本プライマリ・ケア連合学会会員、日本内科学会会員

【指導医】
一戸 由美子、吉津 みさき、佐藤 幹也、近藤 秀一、塩田 正喜、建石 綾子、藤田 麻衣子


家庭医療学センター 診療部門はこちら