HOME > 医療関係者の方へ > 臨床研修コーナー > 後期臨床研修【河北総合病院後期臨床研修プログラム】(目的・特徴・外部研修)

臨床研修コーナー後期臨床研修【河北総合病院後期臨床研修プログラム】(目的・特徴・外部研修)

 

目的

河北総合病院の臨床研修は、医師に元来求められる臨床能力を修得するため、国家資格取得後の最初の研修として、医療に関わる基本的な知識・技能・態度を身につけることを目的とする。個々の患者さんが最適な診療を得るためには、高い専門性は当然のこととして、人間性・社会性が豊かな医療が必要であり、同時に、それらが分かりやすく伝えられなければならない。そのために、河北総合病院では、計画されたプログラム中で、地域医療の第一線現場において、総合的で地域に根ざした良質な医療を学ぶことが研修医に期待される。

特徴

1) 各診療科での臨床の現場において、プライマリケアからある程度の専門的疾患にいたるまで、幅広く多くの症例を経験することができる。担当指導医中心の医療の見学に偏ることなく、経験豊かな指導医の指導の下、日常の臨床現場の中で実際に考え、行動する経験を積む研修を受けられる体制をとっている(実践型)。
2) 研修医それぞれが将来的にいずれの診療科の専門医取得をめざすとしても、対応可能なカリキュラムとなっている。
3) 全診療科の指導医における基礎講義がカリキュラムに組まれており、研修医に必要な臨床的知識・技能・態度が確実に学べるようになっている。
4) 新専門医制度が開始して以降も、2年間の初期研修終了の際に当院および当院と連携している基幹施設での専攻医研修を選択すれば、初期研修2年+専攻医研修1年目を継続して当院で研修する形式の“こだわりの(実質的な)3年研修”ができる。
5) 当院では初期臨床研修の2年修了後も新専門医制度に対応しつつ、最低1年以上は継続して当院で研修を継続できるプログラムを組んでいる。