HOME > 医療関係者の方へ > 臨床研修コーナー > 研修Q&A

臨床研修コーナー研修Q&A

初期臨床研修

1.初期3年臨床研修はやめてしまったのですか?

いいえ。3年研修はやめるわけではありません。
ただ、新・専門医制度における3年目以降の研修内容に関して、不確かな部分があるため、一旦2年で初期研修を修了するという形にしたということです。しかし当院は3年研修の実績がありますので、そのノウハウを取り入れた3年目の研修を継続していただくことをお勧めします。

2.それでもこだわる3年臨床研修とは?

我々は、将来何科の医師・専門医になるにせよ、最初に行う臨床研修がその医師の骨組み(土台)をつくる上でもっとも重要と考えています。3年にこだわる理由は、初期2年間で厚生労働省の定める必修研修項目をすべて履修することは他院と同様ですが、さらに同じ環境下でもう1年(つまり、3年目)研修を継続することで、ただ見る、経験するのみでなく、実際に自分で考えて、判断し、行動できる力(実践的な臨床能力・技量)を着実に身につけることができると考えているからです。3年間で一人前の臨床医になるためのしっかりとした骨組み(土台)を築くことを目標とするプログラムとしています。

3.初期臨床研修に応募の際は、実習をしていないと受験資格を得られないのですか?

いいえ、そんなことはありません。しかし、当院がどんな病院なのかをご理解いただいた上で応募していただききたいと思います。是非、実習や説明会にご参加ください。

4.今まで、初期臨床研修を受けた医師は何名いるのですか?

臨床研修病院指定を受けてから2016年3月までに研修修了した医師の数は148名です。
臨床研修病院指定前には約20名の医師が当院で初期臨床研修をしています。
現在初期臨床研修医の数は1年目11名、2年目11名、3年目10名です。

5.受験資格には年齢や国試浪人中などは関係しますか?

関係しません。
マッチング登録されていて、国家試験受験対象者であれば年齢も問いません。

6.初期臨床研修医師の出身大学はどんな大学ですか?

現在、研修中の初期臨床研修医師の出身大学(順不同)
北海道大、岩手医大、杏林大、順天堂大、東京医大、帝京大、千葉大、筑波大、横浜市立大、長崎大、   大分大、琉球大, 新潟大、福井大、日本大、弘前大、東海大、福島医科大、滋賀医科大、山梨大、九州大、
埼玉医科大

7.初期研修医師採用の選考方法を教えてください。

応募時に提出していただく課題と面接試験があります。それらの総合評価によりマッチング登録をします。

8.初期臨床研修医師の給与はいくらですか?

1年目 年俸480万円(当直手当は別途支給)
2年目 年俸480万円(当直手当は別途支給)

9.日当直について教えてください。

 

週1回程度の当直と月1回程度の日直があります。
各手当は表のとおりです。

10.宿舎について教えてください。

原則として、初期研修在籍2年間は当院が提供する宿舎に入居していただきます。
宿舎は5棟あり、全てが病院から徒歩15分圏内にあります。
家賃は宿舎によって異なります。(家賃月額:15,000~59,000円、敷金50,000円)
※全室個室、バス・トイレ付、冷暖房完備。

※写真は一例です(宿舎によって設備等は異なります)

11.初期臨床研修を修了した研修医師の進路状況はどうなっていますか。

*卒業生の主な研修先病院(順不同)
北海道大学病院、仙台厚生病院、国立国際医療センター、東京医療センター、国立成育医療センター、都立府中病院、帝京大学医学部附属病院、順天堂大学医学部附属練馬病院、東京女子医科大学病院、慶應義塾大学病院、東京慈恵会医科大学病院、昭和大学附属烏山病院、都立墨東病院、JR東京総合病院、JR東日本健康推進センター、東京都健康長寿医療センター病院、医療法人 行岡医学研究会 行岡病院、公立福生病院、関東労災病院、東大和病院、川崎市立川崎病院、自治医科大学附属さいたま医療センター、八千代医療センター、松戸市立病院、篠ノ井総合病院(長野県)、聖隷浜松病院、大阪労災病院

12.初期臨床研修修了後も研修を継続することは可能ですか?

可能です。新専門医制度の兼ね合いもあるため相談の上、決定いたします。

後期臨床研修

1.見学はできますか?

できます。お忙しいとは思いますが、1日見学をお勧めします。現在研修中の医師とともに病棟あるいは外来の見学をしていただきます。また、希望する後期臨床研修の教育責任者から研修についてご説明いたします。

2.応募資格に年齢制限はありますか?

年齢制限はありません。ただし、内科系のコースは、研修開始時に臨床を3年以上経験している必要があります。また、初期臨床研修修了予定者や内科の臨床経験が不足している場合は「内科認定医取得コース」で1~2年の研修を行った後、後期臨床研修プログラムへ移行していただきます。外科系コースや家庭医療科系コースは、研修開始時の臨床経験年数をプログラムごとに設定しています。詳細は各プログラムのページをご参照ください。

3.処遇について教えていただけますか?

国家資格取得年度及び臨床経験年数によるため、面接時にご相談の上、決めさせていただきます。

4.後期研修医師採用の選考方法を教えてください。

応募時に提出していただく課題と面接試験があります。それらの総合評価により採用の可否を決定いたします。

5.日当直について教えてください。

 

週1回程度の当直と月1回程度の日直があります。
各手当は表のとおりです。

6.後期研修医師用の宿舎はありますか。

当院では、宿舎の提供や住宅補助はございません。
申し訳ございませんが、各自でお探しください。なお、ご希望の方には当院の人事課より近隣の不動産業者をご紹介いたします。

7.研修はいつからはじまりますか?

原則として、4月1日から研修を開始となります。

8.後期臨床研修を修了した研修医師の進路状況はどうなっていますか。

*就職先病院(順不同)
札幌医大地域医療総合医学講座、大樹町立国民健康保険病院(北海道)、東京大学医学部附属病院、慶應義塾大学病院、東京女子医科大学病院、東京逓信病院、東京都立多摩総合医療センター、東京都立小児総合医療センター、東京都立神経病院、JR東京総合病院、三井記念病院、北里大学病院、東京医科大学八王子医療センター、東邦大学医療センター大橋病院、愛育病院、新山手病院、医療法人社団 さくらライフ さくらライフクリニック、井上病院、長津田厚生総合病院、静岡県立静岡がんセンター、小笠原診療所、国立循環器病センター、鳥取大学医学部付属病院、県立広島病院、九州大学病院、新古賀病院