HOME > 患者さんおよび地域の皆様へ

社会医療法人河北医療財団河北総合病院患者さんおよび地域の皆様へ

患者さんおよび地域の皆様へ

当院は、他の医療機関から紹介のある患者さんを積極的にお受けします。
~紹介状をお持ちでない方には近隣の診療所医師をご紹介致します。~

連携クリニックのリストはこちら

厚生労働省は、数年来、病院や診療所などの医療機関の機能分担と連携の見直しを行い、地域医療支援病院を中心に地域医療の質を高めようとしています。普通の疾患の日常的な診療は、診療所のかかりつけ医が行い、病院は救急医療と入院を主に担当して、病院の外来はかかりつけ医から紹介の患者さんを中心とした専門外来のみとするものです。地域医療の中でこの様な役割を担う中核病院を地域医療支援病院と言います。

河北総合病院本院は、2006年5月9日付にて、東京都より承認を受けて地域医療支援病院となりました。つきましては、本院においては、紹介のある患者さんを中心とした外来診療を行い、紹介状をお持ちでない初診の患者さんは、当院の連携医を受診していただくようにご案内いたしますので、地域の皆様のご協力をお願い致します。

・ 他の医療機関の紹介

初診の患者さんで、他の医療機関からの紹介状のない外科、脳神経外科、神経内科、心臓血管外科、呼吸器外科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、泌尿器科、産婦人科、の外来受診を希望される方については、当センター(河北総合病院 本院・分院・クリニック)の連携医やご自宅近くの診療所医師等をご紹介させていただきます。

※初診とは、当センター(河北総合病院 本院・分院・クリニック)を初めて受診される方、または、当センターいずれかの施設での前回の受診から原則として6ケ月以上経過している方を言います(前回受診時に、医師から6ケ月以上経過してからの受診を指示された方は除きます)。

連携クリニックのリストはこちら

・ 紹介状をお持ちにならない場合

他の医療機関からの紹介状をお持ちにならない場合でも、診察をお受けいただくことは可能ですが、この場合、保険診療のご負担に加えて、初診に係る特定療養費をお支払いいただくことになります。

保険外併用療養費(選定療養)は、3,240円(税込み)となります。

※紹介状をお持ちでない初診の方でも、分院の内科・小児科・心療科、クリニックの整形外科・内科・家庭医療科・眼科・皮膚科を受診いただく時は、初診の特定療養費は不要です。

・ 当センターの連携医

当センターと医療連携における契約を交わした河北医療連携の会(Kawakita Health-care Collaborations:略KHC)の会員の連携医は、杉並区全域におります。地域の連携医に、必要な時に、本院の専門医や高度な医療機器をご活用いただき、地域のみなさんが安心して適切な医療を受けられるような医療連携を進めてまいります。

ご質問等ございましたら、受付窓口にて責任者にお尋ね下さい。

院長